執筆者

西村剛
西村剛

フェアトレード株式会社 代表取締役。機関投資家出身で統計データを重視したシステムトレードに注力。2011年株-1グランドチャンピオン大会で+200.4%、2012年+160.1%、2013年157.0%を叩き出し三連覇達成。証券アナリスト検定会員。システムトレードを使った定量分析と、これまでファンドマネジャーとして培ったファンダメンタルズ分析を融合した新しい視点で株式市場を分析し、初心者でもわかりやすい言葉を使った解説に定評がある。


月別アノマリーガイドブック

少ない元手でも株式投資は資産形成できる

株式投資には数百万円以上の元手が必要とされるイメージが定着していますが、実際のところ少額資金からスタートして数千万円まで資金を増やしたトレーダーは存在しています。
したがって、重要なのは資金力ではなく、どのような手法を採用するかであり、適切に運用すれば初心者でも十分にチャンスはあるといえるでしょう。

そこで本記事では、50万円からチャレンジできる株式投資手法を3つ解説していきますので、元手が少ないからといって資産形成を断念してしまっている方は是非参考にして下さい。

株式の少額投資について

具体的な手法を解説する前に、最低でもいくらあれば株式投資は始められるのか、そして少額投資におけるメリットとデメリットについて見ていきましょう。

低位株なら数万円以下でも始められる

意外に思われるかもしれませんが、株式投資は数万円以下の資金でも十分に始めることできます。

具体的には1株数百円程度の銘柄、そして以下のような有名企業に絞るようにしましょう。

・6632 JVCケンウッド
・8848 レオパレス21
・9067 丸運
・7211 三菱自動車 等

ちなみにこれらは誰もが耳にしたことのある企業となりますが、現在の株価は300円以下であるため、100株単位で購入しても3万円~4万円程度の元手があれば十分に運用することができるでしょう。

したがって、最初の始め方としてはこういった「低位株」を狙うようにして、そこから資産を増やすのも1つの有効な手段です。

一方、上記はあくまで株価だけに注目した銘柄です。
実際に取引する際は、更に入念なスクリーニングを行って見極めるようにして下さい。

単元未満株もおすすめ

先ほどはあくまでも基本に沿って100株単位で購入するパターンを想定しましたが、銘柄の中には1株~10株といった、いわゆる「単元未満」で取引できるものもあります。

・4452 花王
・7261 マツダ
・8002 丸紅 等

これらも日本市場においては有名企業であり、株価も数千円と高値がついていることがほとんどである一方、単元未満であれば数万円程度で取引できます。

実際のところ、経営状態が堅調な大企業の方が値動きも安定している傾向があるため、まずはお試しで始めたい初心者にはおすすめといえるでしょう。

ただし、全ての証券会社が単元未満株、あるいはミニ株取引を提供しているわけではありませんので、事前にサービス内容を確認するようにして下さい。

少額投資のメリット

リスクを抑えて株式投資の実践的な手法が学べるポイントは、少額投資における最大のメリットといえるでしょう。

実際のところ資産運用は自身のメンタルが強く反映される性質があるため、最初から大金を投入すると、利益を優先しすぎて分析がおろそかになるケースもあり、資金の大半を失ってしまうことも少なくありません。

したがって、想定される損失自体が少ない単元未満株やミニ株は、相場感覚、そしてメンタルコントロールのスキルを安全に養うことが可能です。

少額投資のデメリット

少額投資において注意したいデメリットは2種類あり、まず1つ目は利益が少ないというポイントです。

これは投資金額を考慮すれば当然ともいえますが、取引に熱中するうちに更に欲がでてしまい、少しずつ不満に感じてしまうということは往々にして起こり得ます。
そして、スキルが伴わないうちに投入資金が増えてしまい、損失が大きくなってしまうケースもあるため、まずは冷静なメンタルを保つようにしましょう。

次に、証券会社に支払う取引手数料が割高になることが多いのもデメリットであることから、口座開設の段階で手数料無料サービスを実施しているところを見つけるのがおすすめです。

少ない元手のおすすめの手法3選

ここからは、50万円程度の少ない元手でも実践できるおすすめの手法を3つ見ていきましょう。
株式投資は単純な売買差益だけでなく、配当金や優待もあるため、是非参考にして下さい。

高配当銘柄を購入する

高配当銘柄を狙う手法は、リスクを抑えられるため大変おすすめです。
たとえば、銘柄スクリーニングの際に、投資金額10万円以下で配当利回り4%以上という条件を設定すれば簡単に見つけることが可能であり、取引を繰り返すわけではないため、初心者でも簡単に取り組むことができます。

一方、この手法では1株の株価がなるべく安価な銘柄を選ぶのがポイントであると同時に、決して目先の大きな利益を狙わないようにするのが重要です。

したがって、中長期目線で保有し続けて、じっくりと利益を重ねていくスタンスを持つようにしましょう。

株主優待

日本独自の仕組みである株主優待も、初心者にはおすすめの手法といえるでしょう。

株価が安価で優待の内容が充実している銘柄を狙うことで、現金ではなく現物の利益を得ることができます。
ちなみに低位株の株主優待には以下のようなものがあるため、是非参考にして下さい。

・3073 DDホールディングス
100株以上で6,000円相当の株主優待券
12,000株以上で48,000円相当の株主優待券かお米20kg

・3387 クリエイト・レストランツ・ホールディングス
100株以上で4,000円相当の株主優待券
9,000株以上で60,000円相当の株主優待券

このように、株式投資の利益は現金だけではありませんので、低位株に絞りつつ、より利回りの良い銘柄を選ぶようにしましょう。

IPO投資

IPOとは新規公開株式の略称であり、上場前に販売される銘柄を指しています。
この手法の魅力は、実際に上場する際の株価よりも安値で購入できる可能性が高いというポイントであり、上場後すぐに売却するだけで、まとまった利益が得られることも少なくありません。

また、取引手法や分析に自信のない初心者でもチャレンジできるメリットもありますので、前評判や市場のトレンドを掴んで、高値が見込める銘柄を選ぶようにしましょう。

ちなみに、基本的な購入方法は抽選となるため、計画性を持ちつつ落選した場合も想定して取り組む姿勢も重要です。

まとめ

今回は、少ない元手で実践できるおすすめの手法を3つ解説してきました。
株式投資は大金が必要なイメージが強くなっていますが、実際のところは50万円といわず、数万円程度でも十分に資産を形成することが可能です。

また、本記事の手法以外にも、元値の10倍以上になるテンバガー銘柄や、国策株を狙う方法もおすすめであるため、是非自身のスタイルやスキルにマッチするものを採用していきましょう。

<追伸>
【無料】株システムトレードの教科書の記事は「システムトレードの達人」を使って検証しています。
↓↓↓↓↓

今ならシステムトレードの達人(無料版)がこちらよりダウンロードできます。
ぜひ手に入れてください!