今回は、「ストップ安の翌日に逆張り買いの有効性」について、システムトレード的な観点から検証していきます。

銘柄探しをしていると、「ストップ安」で株価が急落している銘柄を見かけます。ストップ安をしているだけあって、翌日に成行売りが大きく出ています。

ストップ安をしている銘柄は、「下方修正の発表」や「業績への不透明感」が出ている銘柄が多く、あえて翌日に買いに行こうとは感じにくいですよね。

「ストップ安した銘柄を翌日に買い付けすると儲かるよ」と言われても、買い付けするのは躊躇するときがあります。

しかし、ストップ安した銘柄を翌日に買い付けする戦略で利益が出るならば、取り入れるべきではないでしょうか?

まさに「人の行く裏に道あり花の山」ですね。

今回は、「ストップ安の翌日に逆張り買い戦略は有効か」を検証していきます。

では、さっそく検証条件を確認していきましょう。

ストップ高の翌日は買いか? (←こちらのストップ高についての記事も併せてご覧ください。)

執筆者

西村剛
西村剛

フェアトレード株式会社 代表取締役。機関投資家出身で統計データを重視したシステムトレードに注力。2011年株-1グランドチャンピオン大会で+200.4%、2012年+160.1%、2013年157.0%を叩き出し三連覇達成。証券アナリスト検定会員。システムトレードを使った定量分析と、これまでファンドマネジャーとして培ったファンダメンタルズ分析を融合した新しい視点で株式市場を分析し、初心者でもわかりやすい言葉を使った解説に定評がある。


月別アノマリーガイドブック

ストップ安した銘柄を買うと利益が出る?動画で解説!



動画が見れない方は ストップ安した銘柄を買うと利益が出る? をご覧ください。

1.ストップ安の翌日に逆張り買い戦略の有効性

検証条件は、以下の通りです。

ⅰ.ルール詳細(ストップ安の翌日に逆張り買い戦略の有効性の検証)

ストップ安

上記が、今回の検証条件です。

ストップ安をした銘柄を、翌日の寄り付きに成行買いします。そして、含み益が10%出るか、含み損が10%以上となったら、その翌日の寄り付きに成行売りします。

仮に、勝率が高く、平均損益がプラスならば、「ストップ安した銘柄を翌日に買い付けする戦略」は統計的に有効な戦略と言えるでしょう。

では、上記条件で検証した場合に、どのような検証結果になるでしょうか。

ⅱ.検証結果(ストップ安の翌日に逆張り買い戦略の有効性の検証)



ストップ安
以上が検証結果です。

検証結果を見てみると、勝率は 50.25平均損益は 1.10 でした。

2.まとめ ストップ安の翌日に逆張り買い戦略は有効?

検証結果を見てみると、勝率は5割を超え、平均損益もプラスとなっていることから、統計的には有効な戦略と言えます。
一見ストップ安となった銘柄を翌日に買うというのは、損しか生まないように感じますが、結果を見ると利益が出るのですね。

システムトレード的な観点から見ると、「ストップ安した銘柄を翌日に逆張り買い」は有効と言えるでしょう。

■追伸

正直、「ストップ安」銘柄がいくら有効だと分かってもなかなか翌日に買いにはいけないですよね。ただ、少なくとも「ストップ高」した銘柄を買うよりは、リスクが少ないということです。

これは、驚きではないでしょうか?

このように、ストップ安の銘柄を翌日に買うような一見危険と思われていることでも、思ったほどリスクが高くないことがあります。その逆に、魅力的に感じる投資法が、とてもリスクが高いこともしばしばです。

やはり、どのような投資法でも、それが本当に有効なのかは検証する必要がありますね。

<追伸>
【無料】株システムトレードの教科書の記事は「システムトレードの達人」を使って検証しています。
↓↓↓↓↓

今ならシステムトレードの達人(無料版)がこちらよりダウンロードできます。
ぜひ手に入れてください!