ここでは、システムトレード界の「3大ストラテジー」の一つ【押し目買い型】売買ルールの解説と活用法について説明します。押し目買い型の売買ルールも、逆張りと同様に代表的な売買ルールの一つです。この押し目買いの売買ルールは、「システムトレードの達人」の開発者 斉藤正章氏も使用している売買ルールの一つです。ただし、そのような著名トレーダーが運用するものではありますが、売買ルールの特性から、システムトレード初心者の方が運用しやすい売買ルールでもあります。その売買ルールを、あなただけにお届けします。

執筆者

西村剛
西村剛

フェアトレード株式会社 代表取締役。機関投資家出身で統計データを重視したシステムトレードに注力。2011年株-1グランドチャンピオン大会で+200.4%、2012年+160.1%、2013年157.0%を叩き出し三連覇達成。証券アナリスト検定会員。システムトレードを使った定量分析と、これまでファンドマネジャーとして培ったファンダメンタルズ分析を融合した新しい視点で株式市場を分析し、初心者でもわかりやすい言葉を使った解説に定評がある。


1.  押し目買いとは?

押し目買い型売買ルールの「押し目買い」とは、逆張りと同様に代表的な投資戦略の一つです。この投資戦略を簡単に言うと、上昇トレンドにある銘柄が、一時的に下落した局面に買い付けをしていくものです。ある意味、逆張りと似ています。言うなれば、逆張りという大きなくくりの中に、この押し目買いという投資戦略が含まれていると考えてもよいかもしれません。「上昇トレンドにある」という条件を除けば、一時的に下落した局面で買い付けをするので似ています。なお、手仕舞いは、株価が再び上昇に転じて、株価の下落前の水準近くまで戻ったときに行います。この点からも、逆張りに似た戦略だということがお分かりいただけたでしょう。ただし、違いもあります。それは、保有日数です。保有日数は、逆張りよりも短いです。おおよそ1週間前後の短期トレードが主流です。この押し目買いに関しては、具体的な内容をご覧頂いたほうが分かりやすいと思います。以下に、代表的な「押し目買い」戦略を用意しました。こちらをご覧下さい。

①押し目買いの代表戦略

前日比で〇%下落したら買い
例:前日比5%下落したら買い 等

5日移動平均線を〇%下に乖離したら買い
例:5日移動平均線を10%下に乖離したら買い 等

〇日間続落したら買い
例:3日間続落したら買い 等

以上が、代表的な「押し目買い」戦略です。それぞれの内容を確認すると分かりますが、3つとも「数日間の間で下落している銘柄を買い付ける」戦略です。押し目買い戦略のイメージが徐々に湧いてきたでしょうか。より、この戦略をイメージしやすくするために、チャートで確認しましょう。以下は、「いちよし証券(8624)」のチャートです。

②押し目買い戦略のメリット

【チャート.3】いちよし証券(8624)チャート 2012年1月~2013年4月

出所:システムトレードの達人 達人モード「チャート」画面

上記チャートの拡大画面

出所:システムトレードの達人 達人モード「チャート」画面

上記チャートは、「いちよし証券(8624)」の2012年1月から2013年4月までのチャートです。株価は、中長期で上昇トレンドを形成しています。しかし、2013年3月末に短期的に株価が下落しています。ただし、すぐに反転し、株価が上昇しています。このように、上昇トレンドにある銘柄は、短期的に株価が下落するものの、再び上昇に転じることが多くあります。押し目買いの勝率は、60~70%程度と言われています。この数字からも、短期的に下落しても、再び上昇することが分かるでしょう。

この押し目買いは、逆張りとは違い浅い下落で買い付けをします。よって、トレード回数が、逆張りよりも多くあります。比較的小さな利益を、コツコツと上げていく戦略と言えるでしょう。

ただし、この押し目買い戦略は、トレード回数が多く、勝率が高いという利点があるだけではありません。やはり、逆張り戦略と同様に、急落する銘柄を買い付ける特性上、それなりのリスクはあります。ただし、逆張り戦略ほど、大きなリスクはありませんので、システムトレード初心者の方が比較的安心して運用できる戦略なのです。では、話を戻し、リスクについて見て起きましょう。この押し目買い戦略は、あくまでも「上昇トレンドにある銘柄」の場合にだけ、有効です。つまり、仮に短期的下落が、本当は短期的下落ではなく、下落トレンドへの転換だった場合は、それ相応の損失を覚悟しなければなりません。では、ここで実際に、どれくらい損失があるのか、チャートで確認してみましょう。以下は、「日本橋梁(5912)」のチャートです。

③押し目買い戦略のデメリット

【チャート.4】日本橋梁(5912)チャート 2012年1月~2013年4月

出所:システムトレードの達人 達人モード「チャート」画面

上記チャートの拡大画面

出所:システムトレードの達人 達人モード「チャート」画面

上記は、「日本橋梁(5912)」の2012年1月から2013年4月までのチャートです。2012年に株価が下落した際に買い付けたあとに、株価は戻らないまま下落し続けました。下落トレンドへの突入です。高い勝率や、トレード回数が多い良い戦略ではりますが、やはりそれ相応のリスクはあるということです。仮にこのようになった場合ですが、逆張りのときと同様に、そのときは速やかに損切りをする必要があるでしょう。

ただし、逆張りのときと同様に、このような話をすると「押し目買い戦略は損失を抱えるだけで、利益にならないのではないか」と不安に思うかもしれません。しかし、ここでご理解頂きたいのは、「リスクを取らなければ、リターンはない」ということです。例えば、逆張り戦略は、大きなリスクを取っています。しかし、その分だけ、大きなリターンが見込めます。押し目買いも同様です。勝率がおおよそ60~70%と運用しやすく、利益になりやすい分、リスクは取らなければなりません。むしろ、リスクを取らずに利益というリターンを得ることは不可能なのです。しかし、私たちは、システムトレードという手法を使って、裁量でトレードするよりも、確かな確率で、リスクよりもリターンのほうが大きい戦略をとります。つまり、そういった意味では、はじめから30~40%は負けトレードあるというリスクを抱えていると、分かっているので、リスクの取り方が違うのです。想像して頂ければ、すぐにお分かり頂けるでしょう。何も知らずにリスクを覚悟するのと、どれくらいのリスクか分かりながら、リスクを覚悟するのは、精神的に全く違うと思います。まさに、それなのです。このような背景から、この戦略は、リスクを抱えたあまり好ましいとは言えない戦略とは言えないのです。そして、この戦略は、勝率の高さやリスクが小さいことから、システムトレード初心者でも運用しやすく、無理なく着実に利益を上げていくことができるのです。

<追伸>
コロナショックで相場が大きく動いている最中ですので、今の株価動向が気になる方も多いかと思います。
下記リンクのメルマガを中心に情報を更新していく予定です。
無料ですのでぜひご登録いただけるとありがたいです

西村剛の投資戦略メルマガ【無料】