今回は、「月曜日の株価の傾向」を検証していきます。

株式市場では、古くから「月曜日は株価が下がりやすい」と言われています。

株式市場では、はっきりとした理論的な根拠はないけれど、
よく当たると言われている経験則のことを「アノマリー」と言います。

「夏枯れ相場」や「節分天井彼岸底」等の格言も一種のアノマリーです。

相場の格言は数多くありますが、中には検証してみると
全く逆の結果がでるものもあります。

間違いの格言については、今後取り上げて行きたいと思います。

そこで、今回は「月曜日は株価が下がりやすい」という
アノマリーが本当に正しいかどうかを検証していきます。

では、まずはじめに検証条件を確認していきましょう。

執筆者

西村剛
西村剛

フェアトレード株式会社 代表取締役。機関投資家出身で統計データを重視したシステムトレードに注力。2011年株-1グランドチャンピオン大会で+200.4%、2012年+160.1%、2013年157.0%を叩き出し三連覇達成。証券アナリスト検定会員。システムトレードを使った定量分析と、これまでファンドマネジャーとして培ったファンダメンタルズ分析を融合した新しい視点で株式市場を分析し、初心者でもわかりやすい言葉を使った解説に定評がある。


1.月曜日の株価の傾向~市場別~

ⅰ.ルール詳細(TOPIX500の月曜日の株価傾向)

============================================

検証対象:TOPIX500採用銘柄
検証期間:2000/01/01~2020/07/31
1銘柄当たりの投資金額:20万円

【買い条件】
・月曜日の寄り付きに成行で買い

【売り条件】
・月曜日の大引けで成行売り

============================================

以上のルールで「TOPIX500」採用銘柄を対象に、
「買い条件」と「売り条件」でトレードした場合に、
どのような成績になるのかを検証しました。

2000年から2020年までの約20年の検証を行うことで、
月曜日の株価の傾向を掴むことができるでしょう。

仮に、勝率が50%以上で、損益がプラスならば、
月曜日は株価が上がりやすい曜日と判断できます。

反対に、損益がマイナスであるならば、
月曜日は下がりやすい曜日と言えるでしょう。

果たして、分析結果はどのようになるでしょうか。

過去のデータを用いて検証した結果は、以下の通りです。

ⅱ.検証結果(TOPIX500の月曜日の株価傾向)

 勝率: 47.77 %
 勝ち数: 212,964 回
 負け数: 232,886 回
 引き分け数: 24,603 回

 平均損益(円): -117 円  平均損益(率): -0.06 %
 平均利益(円): 2,744 円  平均利益(率): 1.37 %
 平均損失(円): -2,746 円  平均損失(率): -1.37 %

 合計損益(円): -55,014,447 円  合計損益(率): -27,512.21 %
 合計利益(円): 584,409,371 円  合計利益(率): 292,256.82 %
 合計損失(円): -639,423,818 円  合計損失(率): –319,769.03 %

 PF: 0.914
 平均保持日数: 0.00 日

 

以上が、検証結果です。

検証結果を見てみると、勝率は47.77%、平均損益は-0.06となっています。
勝率は5割を割り込んでおり、平均損益はマイナスです。

月曜日は下がりやすい傾向があるようです。

 

なお、先ほどの検証では、トレードの対象は、
TOPIX500に採用されている大型株でした。

もしかすると、中小型株の
月曜日の株価の傾向は異なるかもしれません。

そこで、次に、「東証マザーズ」の銘柄を対象に、
月曜日の株価の傾向を確認してみましょう。

検証条件は、以下の通りです。

ⅲ.ルール詳細(東証マザーズの月曜日の株価傾向)

============================================

検証対象:東証マザーズ銘柄
検証期間:2000/01/01~2020/07/31
1銘柄当たりの投資金額:20万円

【買い条件】
月曜日の寄り付きに成行で買い

【売り条件】
月曜日の大引けで成行売り

============================================

「東証マザーズ」上場銘柄を対象に、
「買い条件」と「売り条件」でトレードした場合に、
どのような成績になるのかを検証しました。 

検証結果は、以下の通りです。

ⅳ.検証結果(東証マザーズの月曜日の株価傾向)

 勝率: 45.81 %
 勝ち数: 69,722 回
 負け数: 82,474 回
 引き分け数: 13,155 回

 平均損益(円): -165 円  平均損益(率): -0.08 %
 平均利益(円): 6,204 円  平均利益(率): 3.10 %
 平均損失(円): -5,576 円  平均損失(率): -2.79 %

 合計損益(円): -27,348,073 円  合計損益(率): -13,677.19 %
 合計利益(円): 432,521,899 円  合計利益(率): 216,277.67 %
 合計損失(円): -459,869,972 円  合計損失(率): -229,954.86 %

 PF: 0.941
 平均保持日数: 0.02 日

 

以上が、検証結果です。
検証結果を見てみると、勝率は45.81%、平均損益は-0.08%です。

「TOPIX500」の検証と同様に、
勝率は5割を割り込んでおり、平均損益はマイナスです。

やはり、東証マザーズを対象とした検証でも、
月曜の株価の傾向は、「下がりやすいと言える」でしょう。

2.まとめ

勝率も5割を切り、平均損益もマイナスであることから、
「月曜日」は下がりやすい傾向があると言えるでしょう。

この要因については、「海外重要指標の発表によるリスク回避の動き」や

「週末の株高を受けた利益確定売り」等の理由が挙がっています。

しかし、どれもはっきりとした理由とはなっていません。

原因はどうあれ、「月曜日は下がりやすい」ということは分かりました。

約15万回の検証で、勝率が5割からこれほど離れるということは、
「月曜日は売られやすい」何かがあるのでしょう。

これをただの「アノマリー」と切り捨てるのではなく、
しっかりと自分の投資戦略に取り入れることで、
不用意に損失を被るリスクを減らすことが出来そうですね。

また、この傾向を逆手にとって、
月曜日に空売りデイトレ」を仕掛ける戦略も有効そうですね。

売買戦略を構築する上での参考にしていただければと思います。

 

<追伸>
コロナショックで相場が大きく動いている最中ですので、今の株価動向が気になる方も多いかと思います。
下記リンクのメルマガを中心に情報を更新していく予定です。
無料ですのでぜひご登録いただけるとありがたいです

西村剛の投資戦略メルマガ【無料】