執筆者

西村剛
西村剛

フェアトレード株式会社 代表取締役。機関投資家出身で統計データを重視したシステムトレードに注力。2011年株-1グランドチャンピオン大会で+200.4%、2012年+160.1%、2013年157.0%を叩き出し三連覇達成。証券アナリスト検定会員。システムトレードを使った定量分析と、これまでファンドマネジャーとして培ったファンダメンタルズ分析を融合した新しい視点で株式市場を分析し、初心者でもわかりやすい言葉を使った解説に定評がある。


月別アノマリーガイドブック

株式投資における情報の重要性

株取引をしていく上で、情報収集からファンダメンタルを掴むことは利益に直結する極めて重要な作業となります。
自身が保有している銘柄の決算情報や運営動向はもちろん、市場全体の方向性を知らなければ資金を増やすことなど到底できないでしょう。
また、不意に乱高下が起こった際に理由が分からないままでは、不要な損切りや無駄な飛び乗りで大きな損失を被ってしまう可能性も非常に大きくなってしまいます。

そこで今回は、株式投資を始めたばかりでどの情報サイトを参考にすればいいのか、自分の知りたい情報はどこで収集できるのか分からないという方に向けて、情報収集に役立つおすすめサイトを目的別に6つ厳選してご紹介していきたいと思います。

総合的な情報が入手できるサイト

銘柄毎の情報や市場に関連するニュース等をいち早くキャッチすることができるので、広く愛用されている有名どころが多くなっています。
また、有料登録することで多彩なサービスが利用できる場合もありますが、無料のままでも十分有益な情報収集ができることも人気理由の一つです。

Yahoo!ファイナンス

情報サイトの中でもトップクラスの人気と規模を誇るのがYahoo!ファイナンスです。
ニュース機能では他の有力サイトからピックアップした注目度の高いものが自動表示されるので、これ一つで情報収集をカバーすることも可能です。

Yahoo!_kabu.jpg

 

出典:Yahoo!ファイナンス

リアルタイムや過去の株価チャートに関しても見ることができるだけではなく、出来高や値動き毎の株式ランキングも大変重宝します。
そして最もおすすめなのが、自分好みのポートフォリオを作成できる機能。

ポートフォリオ

出典:Yahoo!ファイナンス

アカウントを作成する手間はありますが、気になる銘柄をピックアップしていつでもチェックすることができます。

株探

こちらも多くのトレーダーが愛用する人気情報サイト。
市場ニュースはもちろん、個別銘柄の基本情報についても豊富に揃っています。
かぶたん

出典:株探

そしてこのサイトのおすすめは企業の決算速報。
決算発表がリアルタイムで発信され、新着順に表示されていきます。
また、個別銘柄の決算においては3ヶ月毎の情報をチェックすることができるのも大きな特徴の一つ。
一般的に1年毎で区切られていることが多い中、これは検証する上で有利になるでしょう。

トレーダーズウェブ

情報サイトの中でも指標発表や決算発表スケジュールのチェックに特化しているのがトレーダーズウェブです。

トレーダーズウェブ

出典:トレーダーズウェブ

トップ画面上部にある日本株のタブから、以下のように企業ごとの決算発表スケジュールをチェックすることができます。

決算

出典:トレーダーズウェブ

また、市場スケジュールでは雇用統計やGDP等の重要指標発表に関しても掲載されているので、このサイト一つで手早く情報を手に入れることができます。
もちろんその他の機能に関してもバランスが良く、多くのトレーダーから人気を博している情報サイトとなっています。

個別銘柄の分析に特化

自身の持っている銘柄の出来高推移やROE、競合企業との比較等も分析には必要不可欠。
次は全体の動向よりも一つ一つの銘柄を詳しくチェックすることのできるサイトをご紹介していきます。

四季報オンライン

最初の発刊から90年程の歴史を持つトレーダーの間では定番ともいえる四季報ですが、現在はスマホやパソコンを利用してオンライン上で見ることができます。
しきほ

出典:四季報オンライン

会員登録と月額利用料が必要となりますが、株式投資をする上では全く損にはならないといえるでしょう。
紙の四季報と同じ内容なのはもちろんですが、特筆すべきは業績予想の更新スピードです。
オンラインならではのメリットとなっており、業績予想に変更があった際は毎週木曜日の早朝にチェックすることが可能です。
このシステムは株価の値動き自体にも影響しており、木曜日の早朝は高値を付けて始まることもあります。

海外の動向も漏らさずチェック

日本株を扱っているとつい国内の情報ばかりにフォーカスしてしまうことがありますよね。
しかし、現在日本市場に流れている資金比率は半分以上が海外投資家のものであり、日経平均や海外比率の高い個別銘柄等は海外動向の影響を強く受ける特徴があります。

Bloomberg

アメリカのブルームバーグ社が運営する大手情報サイトです。
もちろん海外株の情報もいち早くキャッチすることができる上に、原油価格やヨーロッパの経済ニュース等も網羅。
情報の発信先は全世界となっており、そのことからも規模の違いがうかがえますね。

ブルーム

出典:Bloomberg

海外投資家は自国の経済状況に合わせて日本株を売買する傾向がありますので、各国の金融政策や情勢の変化もこのサイトで漏らさずチェックすることができます。

基本的な知識も身につく情報サイト

初心者のうちは株の基本的なことから知りたいという方も多くいらっしゃいますよね。
投資が身近なものになってきた今、もちろんそういったニーズに応えた情報サイトもあります。

トウシル

楽天証券が運営している情報サイトで、初心者向けコーナーでは投資の始め方から株価が動く仕組み、人気銘柄の選び方等を解説しています。

トウシル

出典:トウシル

情報収集以前に投資自体がよく分からないという方には特に大変おすすめ。
楽天証券の口座を持っていなくても利用することができるので、気軽に覗いてみましょう。

その他の情報ソース

SNSが発達している現代では、Twitterから情報収集するのも大変効果的です。
その発信スピードは群を抜いており、市場に変化があった数分後には何かしらの情報を得ることができるでしょう。
また、5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)の市況板も長く利用されている情報ソースの一つですので、興味ある方はチェックしてみて下さい。
一方、これらの情報ソースは「情報の質」の面で非常にバラつきがありますので、参考にする際はある程度相場に慣れてきてからがいいですね。

まとめ

今回は初心者の方におすすめの情報サイトを目的別に6つご紹介しました。
実際のところ証券会社の取引ツールだけでも情報収集は可能ですが、分析精度を高めるためには複数のソースを参照することが大切です。
一方、情報量ばかりが多くても効率的な運用には繋がりませんので、自分にとって必要な情報を見極めて投資に活かして頂ければと思います。

<追伸>
【無料】株システムトレードの教科書の記事は「システムトレードの達人」を使って検証しています。
↓↓↓↓↓

今ならシステムトレードの達人(無料版)がこちらよりダウンロードできます。
ぜひ手に入れてください!