【限定公開】日本株がいつ上昇するのかがわかる!?
↓↓↓↓↓

株価が上がるタイミングを確認する
間もなく無料公開終了しますのでご登録はお早めに!

執筆者

西村剛
西村剛

フェアトレード株式会社 代表取締役。機関投資家出身で統計データを重視したシステムトレードに注力。2011年株-1グランドチャンピオン大会で+200.4%、2012年+160.1%、2013年157.0%を叩き出し三連覇達成。証券アナリスト検定会員。システムトレードを使った定量分析と、これまでファンドマネジャーとして培ったファンダメンタルズ分析を融合した新しい視点で株式市場を分析し、初心者でもわかりやすい言葉を使った解説に定評がある。


システムトレード

ディセンディングトライアングルを知って相場を有利に立ち回ろう

株式投資で効率的に利益を重ねるためには、「トレードで勝つ」ことと同時に、「負けない」ことも大変重要といえます。

どれだけ勝率が高くても、コツコツドカンで大幅に資産を減らしてしまっては意味がなく、撤退せざるを得ないほどの損失を抱えてしまうでしょう。

そこで初心者におすすめなのが、株式相場に度々現れる下落のサイン「ディセンディングトライアングル(通称:ディセトラ)」です。

ディセトラは現物エントリーの判断や保有ポジションの損切りに役立つだけでなく、中上級者には空売りのチャンスにもなり得ます。

現在上手く利益が伸ばせていない方は、本記事でディセトラの基本や注意点をしっかり把握しておきましょう。

ディセンディングトライアングルとは

ここではまず、ディセンディングトライアングルの基本や値動きの傾向を解説します。

  • 安値のサポートと高値の切り下げが発生している
  • 基本的には下落トレンド継続のサイン
  • アセンディングトライアングル

株式相場では、比較的頻繁に出現するチャートパターンとなるため、ぜひ参考にしてください。

安値のサポートと高値の切り下げが発生している

ディセンディングトライアングルは、安値のサポートと高値の切り下げが同時に発生しているチャートパターンであり、直角三角形のように見えることが、名称の由来とされています。

ディセトラ参照:cryptotimes

この形状は、一定の買い注文が継続しているにも関わらず、絶妙に売り圧の方が勝っており、チャートの裏側では売り注文が少しずつ蓄積されている状態です。

基本的には下落トレンド継続のサイン

先ほど触れ通り、ディセトラは買い圧よりも売り注文の方が勝っている状態となるので、基本的には下落トレンドが継続するサインとして活かした方が良いでしょう。

事実、三角形の均衡が乱れてブレイクした場合は、以下のように強い下落が発生するケースが多くなっています。

ディセトラ参照:cryptotimes

ただし、株式相場に「絶対は存在しない」ため、それまでのトレンドやセオリーを裏切って、上昇トレンドに転換するケースも少なくありません。

したがって、ディセトラはあくまでもサインとして捉えるべきであり、もしエントリーする際はきちんとブレイクを観測してからにしましょう。

アセンディングトライアングル

ディセトラを知る上では、逆のパターンとなる「アセンディングトライアングル(通称:アセトラ)」も覚えておいた方が良いでしょう。

具体的には、下図のように安値が切り上がって高値が押さえつけられているチャートパターンを指しており、少しずつ買い注文が増えている状態です。

ディセトラ参照:fxten

上図の通り、アセトラは上昇トレンドの継続を示唆する形状となっており、ブレイクすると強い買い圧力によって高騰する期待が持てます。

しかしながら、こちらも下落トレンドへ転換し、狼狽売りによって暴騰し得る可能性があることから、必ずブレイク後の波に乗るようにしてください。

ディセンディングトライアングルの活用方法

ディセトラの基本が把握できたところで、ここからは具体的な活用方法を解説します。

  • トレンドの把握
  • 保有ポジションの決済
  • 【中上級者向け】空売りエントリー

いずれもトレードの精度向上に役立つため、しっかり押さえておきましょう。

トレンドの把握

先ほど触れた通り、ディセトラは下落トレンドの継続を示唆するチャートパターンとなるため、意味が分かっていれば現物買いを控えて損失機会を減らすことが可能です。

一方、セオリーが裏切られて上方向にブレイクすれば、確度の高い上昇トレンドの転換サインにもなることから、目線を変えて再度環境認識が行えるでしょう。

実際のところ、ディセトラを知らずに買いエントリーして、大きな損失を抱えてしまう初心者は少なくありません。

そのため、もし相場に出現した際は、「静観する」という選択肢も含めて観察してみてください。

保有ポジションの決済

ディセトラは下落トレンドが加速する可能性もあるため、もしポジションを保有している場合は、決済の判断にも役立つでしょう。

現物買いを行う以上、狙うべきは相場の上昇であるため、下方向への強い流れに巻き込まれる前に、手じまいした方が無難といえます。

加えて、ディセトラの形成時点で含み損を抱えているのなら、損切りのサインとしても活用できることから、大切な資産を守る上でも有用です。

ただし、上昇するケースもあり得ることを踏まえると、見切り発車せずブレイクしたことを観測してから実施した方が良いでしょう。

【中上級者向け】空売りエントリー

ディセトラのブレイクを読み解き、きちんと資金などを管理できるのであれば、空売りでエントリーして利益を狙うのもおすすめです。

セオリー通りに動けば強い下落トレンドが継続する期待も持てるため、大きなチャンスとなるでしょう。

しかしながら、信用取引はもし失敗すると追証を負担しなければならないため、確固たる自信がない方は控えるようにしてください。

ディセンディングトライアングルの注意点

ディセトラが相場に出現した際は、「基本的に」下落トレンドが継続する認識で問題ありません。

一方、大口によるダマシやポジティブサプライズが差し込まれると、以下のように強い上昇が発生するので、空売りエントリーしたい場合はきちんとブレイクしたことを確認した方が良いでしょう。

ディセトラ参照:gemforex

加えて、もし上昇するのなら上図の白丸部分は大変魅力的な現物買いポイントになりますが、ブレイクしていない以上、確度はそこまで高くありません。

したがって、初心者はまず「ディセトラはブレイクまで待つ」というルールを定めて活用するのがおすすめです。

まとめ

本記事では、下落トレンドの継続サインであるディセンディングトライアングルの基本や活用方法、注意点を解説してきました。

ディセトラは、保有ポジションの損切りや空売りの判断に役立つ一方、見切り発車でエントリーすると大きな損失を抱えてしまいます。

現在トレードに活かそうと思っている方は、本記事で触れた通り、ブレイクを待ってから意思決定するようにしましょう。

<追伸>
【無料】株システムトレードの教科書の記事は「システムトレードの達人」を使って検証しています。
↓↓↓↓↓

今ならシステムトレードの達人(無料版)がこちらよりダウンロードできます。
ぜひ手に入れてください!