資産曲線とは、売買ルールに従ってトレードした場合の資産の推移を折れ線グラフで表したものです。「損益曲線」とも呼ばれます。システムトレードでは、過去の株価データを使い、売買ルールに従ってトレードした場合の成果を見る「検証」という作業をします。このとき、視覚的に検証結果を確認する方法として、この資産曲線を活用します。

執筆者

西村剛
西村剛

フェアトレード株式会社 代表取締役。機関投資家出身で統計データを重視したシステムトレードに注力。2011年株-1グランドチャンピオン大会で+200.4%、2012年+160.1%、2013年157.0%を叩き出し三連覇達成。証券アナリスト検定会員。システムトレードを使った定量分析と、これまでファンドマネジャーとして培ったファンダメンタルズ分析を融合した新しい視点で株式市場を分析し、初心者でもわかりやすい言葉を使った解説に定評がある。


資産曲線は、市場環境に関係なく、安定して右肩上がりになっているものが理想的です。下のイメージ図のように、日本株が長期に亘って右肩下がりだったとしても、資産曲線が右肩上がりであるような状況が理想の資産曲線です。

<資産曲線のイメージ>

資産曲線

「長期間にわたり安定した利益を上げる」ことが、トレードの成功だと、私たちは定義しています。その視点からも見ても、成功するトレード法とは、「資産曲線が長期間、上下に大きくジグザグすることなく、右肩上がりになっていること」が理想だと言えるでしょう。

<追伸>
コロナショックで相場が大きく動いている最中ですので、今の株価動向が気になる方も多いかと思います。
下記リンクのメルマガを中心に情報を更新していく予定です。
無料ですのでぜひご登録いただけるとありがたいです

西村剛の投資戦略メルマガ【無料】