11月に上がりやすい業種は、36業種中、たったの3業種!!

こんにちは!!

今回は、「11月に株価が上昇しやすい業種は?」
について、システムトレードの観点から検証していきます。

株式市場に上場している銘柄は、扱っている業種ごとに分類できます。

「日産自動車(7201)」や「トヨタ自動車(7203)」は「自動車」、
「ソニー(6758)」や「シャープ(6753)」は「電気機器」

のように分類することができます。

取り扱っている商品やサービスが似ていることから、
業種に分類されている銘柄同士は、株価の動きがとてもよく似ています。

業種ごとの指数(業種別指数)を参考に
投資戦略を練っている人もいるかもしれませんね。

実は、業種別指数は、月ごとに上がりやすい(もしくは、下がりやすい)傾向があり、
この傾向を利用することで、「〇月に上がりやすい銘柄」を見るけることが出来ます。

そこで、今回は、
「11月に上がりやすい業種は何か?」を調べてみたいと思います。

では、さっそく検証していきましょう!!

執筆者

田村 祐一
田村 祐一

フェアトレード株式会社所属。調査本部アナリスト。統計データを重視したシステムトレードとファンダメンタルを組み合わせて銘柄分析を行う。株主優待先回り買い等の「イベント投資」にも注力。



1.11月に上がりやすい業種の検証

ⅰ.ルール詳細(11月に上がりやすい業種)

===========================================

検証対象:日経業種中分類(36業種)

※日経業種中分類とは、日経500種平均株価採用の500 銘柄をベースに
36業種に分類したものです。

検証期間:1990/03/01~2014/09/30

1銘柄当たりの投資金額:20万円

【買い条件】

・10月末に成行買い

【売り条件】

・買い付け後25日経過した翌日に成行売り
===========================================

上記のルールで過去のデータを用いて検証した結果は、以下の通りです。

ⅱ.検証結果(11月に上がりやすい業種)

【検証結果】11月業種別パフォーマンス

11月 株価

上記の表を確認すると、「36業種のうち、33業種がマイナス」です。

つまり、11月相場は、ほとんどの業種が下がりやすい傾向があると言えるでしょう。

上がりやすい傾向が確認できたのは、
「商社」「精密機器」「電力」の3業種だけです。

よって、11月の投資銘柄を考えている方は、
この3業種の中から銘柄を選定するとよいと言えそうです。

一方で、下がりやすい業種の中でも、
「海運」「不動産」「鉄鋼」は特に下落率が高くなっています。

よって、この3業種については、
11月相場ではトレードしないほうがよいと言えるでしょう。

2.まとめ 11月に上がりやすい業種は?

今回の検証では、

11月にトレードしたい業種は、「商社」「精密機器」「電力」の3業種

トレードは控えたほうが良い業種は、「海運」「不動産」「鉄鋼」の3業種

ということが確認できました。

今回の検証のように、月によって、
業種ごとに、上がりやすい・下がりやすいといった傾向があります。

この傾向を利用することで、
〇月に上がりやすいお宝銘柄を見つけることもできるでしょう。

ぜひ、今回の検証結果をあなたの投資にご活用いただければと思います。

<追伸>
コロナショックで相場が大きく動いている最中ですので、今の株価動向が気になる方も多いかと思います。
下記リンクのメルマガを中心に情報を更新していく予定です。
無料ですのでぜひご登録いただけるとありがたいです

西村剛の投資戦略メルマガ【無料】