【限定公開】日本株がいつ上昇するのかがわかる!?
↓↓↓↓↓

株価が上がるタイミングを確認する
間もなく無料公開終了しますのでご登録はお早めに!

執筆者

西村剛
西村剛

フェアトレード株式会社 代表取締役。機関投資家出身で統計データを重視したシステムトレードに注力。2011年株-1グランドチャンピオン大会で+200.4%、2012年+160.1%、2013年157.0%を叩き出し三連覇達成。証券アナリスト検定会員。システムトレードを使った定量分析と、これまでファンドマネジャーとして培ったファンダメンタルズ分析を融合した新しい視点で株式市場を分析し、初心者でもわかりやすい言葉を使った解説に定評がある。


システムトレード

寄り付き前の板は安易に信用しないのがおすすめ

株式投資は、午前9時から11時半の前場、あるいは午後12時半から15時までのザラ場で取引するのが基本ですが、各市場が開く1時間前から注文自体は入っています。

そして、その動向は取引板を見れば一目瞭然であることから、「買い注文が集まっているからエントリー」といった判断をする方も多いでしょう。

しかし、結論から言うと寄り付き前の気配値を信用しすぎるのは少々リスキーであり、安易に注文すると思い通りのトレードが行えないケースがあるのです。

そこで本記事では、寄り付き前の板の見方や注意点、おすすめの活用方法を解説します。

板情報に惑わされず、有効活用するためにも、ぜひ参考にしてください。

寄り付き前の板とは

ここではまず、寄り付き前の板の基本を確認していきましょう。

  • 前場と後場の1時間前に入る注文
  • 簡単に発注とキャンセルが行える

リスクを把握するには、大前提となる基本を知らなければなりません。優位性の高い分析を行うためにも、きちんと把握しておいてください。

前場と後場の1時間前に入る注文

寄り付き前とは、前場と後場の「始値が決まるまでの時間」を指しており、各相場が広く1時間前から成行・指値注文を受け付けています。

すなわち、寄り付き前の板に表示されるのは、市場の投資家による「約定されていない注文」であり、開場するギリギリまで入り続けるのです。

実際のところ、寄り付き前にエントリーしておけば、始値かその水準に近い株価でポジションが持てるため、一見するととても効果的な投資手法といえるでしょう。当然、誰でもチャレンジできるので、もし興味があれば最低限の資金で試してみるのもおすすめです。

簡単に発注とキャンセルが行える

寄り付き前の注文は、特別な手続きを経ることなく自由にエントリーできる反面、簡単にキャンセルも行えます。すなわち、板に並んでいる情報は数分後にまったく変わっているケースが多く、端的に言えば信憑性が低いのです。

具体的に、買い注文が大量に入っていても、市場が開くまでに大口の気が変わりキャンセルとなれば、一瞬で売り圧が優勢になるため、投資の根拠としてはあまり強くありません。

ただし、裏を返せば前場・後場が始まる直前に多額の注文が出現する可能性もあることから、もし寄り付き前の板を基にトレードするのなら、始値が決まるギリギリまで監視した方が良いでしょう。

寄り付き前の板に潜む注意点

ここからは、寄り付き前の板で注意するべきポイントを解説します。

  • 目まぐるしく気配値が変わる
  • あえて大きな注文を入れる勢力も存在する

上記を把握すれば、投資の安全性を高められるため、ぜひ参考にしてください。

目まぐるしく気配値が変わる

先ほど触れた通り、寄り付き前の注文は投資家の気分1つで簡単にキャンセルできます。そのため、肝心の気配値も目が回るようなスピードで変わり続けることから、初心者のうちは追いつくことも難しいかもしれません。

また、時価総額が大きく人気の高い銘柄は特に激しいので、翻弄されて十分な分析が行えないのなら、いっそ始値が決まって落ち着くまで待つのもおすすめです。

あえて大きな注文を入れる勢力も存在する

もちろん許される行為ではありませんが、株式市場にはあえて大きな注文を入れて、気配値を操作する勢力も存在します。

たとえば、多額の買い注文を見せておけば、経験の浅いトレーダーは「チャンスと勘違い」してエントリーする可能性が高いでしょう。しかし、ほとんどの場合は開場直前にキャンセルとなり、ザラ場の安全な時間帯で売り注文をぶつけるか、そのまま吊り上げるといった悪質なトレードを行うのです。

参考までに、この手の動きは時価総額が安くコントロールが容易な低位株で発生しやすく、寄り付き前の板でもっとも注意するべきポイントとなっています。

寄り付き前の板の見方

寄り付き前の板の注意点が把握できたところで、次は具体的な見方を確認していきましょう。

  • 成行注文の動向を重要視
  • 特別気配値の株式を抽出
  • 業種ごとにチェックする

寄り付き前の板を最大限有効活用するためにも、ぜひ参考にしてください。

成行注文の動向を重要視

始値が決まる大原則として、まずは成行注文から優先的に約定されていきます。具体的には、下図のような形で表示されるため、視覚的にも分かりやすいでしょう。

寄り付き前,板,見方参照:hidedura

参考までに、成行注文は「その時点の最適な株価」で約定されることから、シンプルに株式の需要や人気度の判断に役立ち、市場心理を読み解く鍵になります。

もし買い注文が多いなら、「株価は多少前後しても良いから保有したい」というトレーダーが一定数存在するので、効果的な判断材料として活用が可能です。

一方、指値と同じく簡単にキャンセルできる点には注意が必要であり、開場ギリギリまで引き付けるようにしてください。

特別気配値の株式を抽出

株式市場が開く際は、始値を決めるために必ず滞留している注文を約定させるプロセスが発生しますが、もし1日の値幅制限を超えると「特別気配値」として通常の取引が停止されます。

そして、証券会社のツールを用いれば、膨大な買いが集まっている銘柄を網羅的に抽出できるため、セクションなどの共通点を見つけて優位性の高い投資判断が行えるでしょう。

業種ごとにチェックする

寄り付き前の気配値を業種ごとにチェックするのもおすすめであり、全体的な雰囲気を包括的に判断できます。

また、少し手間をかけて株式ごとの成行注文までチェックすれば、より詳細な情報が分かるので、朝かお昼にある程度時間の余裕がある場合は、試してみてください。

まとめ

本記事では、寄り付き前の板の基本や注意点、具体的な見方を解説してきました。

寄り付き前の板には、まだ約定されていない注文が並んでおり、発注とキャンセルが交錯することで、目まぐるしく気配値が変化します。

したがって、あまり信用しすぎるのは少しリスキーですが、業種ごとや特別気配値などで抽出すれば、信憑性のある情報が得られるでしょう。

寄り付き前の板を正しく活用して、より精度の高い分析・エントリーを行ってください。

<追伸>
【無料】株システムトレードの教科書の記事は「システムトレードの達人」を使って検証しています。
↓↓↓↓↓

今ならシステムトレードの達人(無料版)がこちらよりダウンロードできます。
ぜひ手に入れてください!