3月新興市場の勝率は45%と低い   こんにちは、 今回は、「3月新興市場の傾向」について調べてみました。   先日の検証から、 ・3月日経平均225銘柄は上がりやすい3月東証1部は上がりやすい ということが分かっています。   では、新興市場銘柄も上がりやすい傾向があるのでしょうか? この3つの傾向を把握することができれば、 3月の投資戦略を考える上で、とても有利となることでしょう。   では、さっそく「3月新興市場の傾向」について検証していきます。

執筆者

田村 祐一
田村 祐一

フェアトレード株式会社所属。調査本部アナリスト。統計データを重視したシステムトレードとファンダメンタルを組み合わせて銘柄分析を行う。株主優待先回り買い等の「イベント投資」にも注力。


1.3月の新興市場銘柄の傾向検証

ⅰ.ルール詳細(3月新興市場の傾向)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

検証対象:新興市場銘柄(ジャスダック・マザーズ)

検証期間:1990年3月~2015年1月31日

1銘柄当たりの投資金額:20万円

買い条件 ・2月末の最終営業日の寄り付きで買い

売り条件 ・25日経過後の翌日営業日寄り付きで売り

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※  

以上のルールで過去のデータを用いて検証した結果は、以下の通りです。

ⅱ.検証結果(3月新興市場の傾向)

【検証結果】2月新興市場の傾向

3月 株価出所:システムトレードの達人 達人モード「運用資産の推移」画面             

■バックテスト結果■

勝率: 45.64 %
勝ち数: 8,352 回
負け数: 9,947 回
引き分け数: 582 回
平均損益(円): 727 円 平均損益(率): 0.36 %
平均利益(円): 25,689 円 平均利益(率): 12.84 %
平均損失(円): -20,189 円 平均損失(率): -10.09 %
合計損益(円): 13,731,890 円 合計損益(率): 6,865.52 %
合計利益(円): 214,555,031 円  合計利益(率): 107,279.43 %
合計損失(円): -200,823,141 円  合計損失(率): -100,413.91 %
プロフィット・ファクター(総利益÷総損失): 1.068
平均保持日数: 28.03 日

2.まとめ 3月の新興市場銘柄の傾向は?

勝率は45.6%と5割を切っています。 平均損益はかろうじてプラスですが、勝率が低いことを考慮すると 3月の新興市場の株価は、上がりやすい傾向があるとは言えないでしょう。

3月日経平均株価「勝率:59.1%、平均損益:2.42%」 3月東証1部「勝率:59.9%、平均損益:2.74%」 と比較すると、新興市場銘柄の成績の悪さが分かりますね。

以上の結果を見る限り、3月の投資を考える場合には、 「新興市場銘柄」のような小型株よりは、 「日経平均採用銘柄」や「東証1部銘柄」に注目する戦略が有効でしょう!!
なお、以下に「3月新興市場の好成績銘柄」を記載しますので、 投資のご参考としてお役立ていただければと思います。

■3月新興市場の好成績期待銘柄 一覧

3月 株価   

 

<追伸>
コロナショックで相場が大きく動いている最中ですので、今の株価動向が気になる方も多いかと思います。
下記リンクのメルマガを中心に情報を更新していく予定です。
無料ですのでぜひご登録いただけるとありがたいです

西村剛の投資戦略メルマガ【無料】