執筆者

西村剛
西村剛

フェアトレード株式会社 代表取締役。機関投資家出身で統計データを重視したシステムトレードに注力。2011年株-1グランドチャンピオン大会で+200.4%、2012年+160.1%、2013年157.0%を叩き出し三連覇達成。証券アナリスト検定会員。システムトレードを使った定量分析と、これまでファンドマネジャーとして培ったファンダメンタルズ分析を融合した新しい視点で株式市場を分析し、初心者でもわかりやすい言葉を使った解説に定評がある。


月別アノマリーガイドブック

仕手株を買うと儲かる?動画で解説!

※動画が見られない方は 仕手株を買うと儲かるのか?【過去21年の検証結果を公開】 をご覧ください。

1.仕手株とは

「仕手株」とは、ファンダメンタル的な裏づけがないにも関わらず、株価が乱高下する銘柄のことを指します。

仕手株は、潤沢な資金を持つ一部の投資家が、特定の銘柄を莫大な資金量で買い付けし意図的にその銘柄の株価を吊り上げることで発生します。

仕手株の対象となった銘柄を、はじめはバレないように買い増しし、ある程度株数が溜まったら、一気にお金をつぎ込み、株価を吊り上げます。

大きく株価が上がった仕手株は、他の投資家から注目が集まり、買いが買いを呼びさらに株価が上昇します。

仕手株を作り上げた集団(仕手筋)は、株価が大きく上がっている段階で早期に売り抜けます。

そうすることで、自分たちが引き起こした仕手株の急騰で、大きな利益を上げることが出来るのです。

ただし、意図的に株価を吊り上げる仕手株の手法は、

法律違反となる可能性が高く、邪道の投資手法といえます。(絶対にやってはいけない方法と言えるでしょう

仕手筋が仕手株を作り上げる方法は、仕手筋のトップが初めに仕手株の対象となる銘柄を決め、その仕手株を秘密裏に買い込んでいきます。

その後、トップに近い人間に、仕掛ける仕手株を教え、さらに仕手株を買い増ししていきます。

トップとその仲間がある程度仕手株を買い付けしたら、一般の投資家に買わせるステージに入ります。

仕手筋は、そこから一般の投資家に仕手株を買わせる動きをします。

ネット上で、真偽が疑わしい情報を流したり、仕手株の株価を少し上げたりしながら、他の投資家が仕手株に食いつくように株価を操縦します。

実は、仕手株で儲けを出せるのは、トップとトップに近しい仲間だけと言われています。

仕手株の株価がいくら急騰しても、仕手筋が株価の上がった段階で強烈な売りを入れることで、せっかく急騰した株価は、一気に急落するからです。

仕手株を、後から買った一般投資家は、大きな損を抱えてしまうのです。

最近では、twitterやfacebookで、【「〇〇45」近日爆騰注意!!】といったコメントをして、仕手株を意図的に作ろうとしている集団がいます。

こういった情報は、仕手株である可能性が高いので、トレードする際には、十分に注意してくださいね。

再度、お伝えしますが、このような仕手株を作り出す手法は、法律違反であり、絶対にやってはいけない行為です。

なお、仕手株にされやすい銘柄の特徴として、以下が挙げられます。

・低位株(株価が低い銘柄)

・売買代金や出来高が少ない株

仕手筋が株価を操作するためには、大量の株を買い付けする必要があります。

よって、トヨタ(7203)やソフトバンクグループ(9984)のような大企業では、大量の株を買い付けする原資がいくらあっても足りません。

そこで対象となる銘柄は、株価が低く、出来高や売買代金が低い「小型株」が対象となります。

株価が小さく、出来高が低い銘柄は、普段は投資家に一切注目されておらず、少額で沢山の株を買い集めることが出来ます。

また、仕手株の株価の急騰を仕掛ける際にも、少額で株価を吊り上げることができることから、仕手筋が好むと言われています。

低位株で売買代金が低い銘柄の株価の急騰は、仕手株の可能性があるということは、頭の片隅に入れておいたほうが良いでしょう。

さて、この仕手株ですが、仕手筋でない限りは、仕手株で儲けるのは難しいと言われています。それは本当に正しいのでしょうか?

世間一般で言われていることが正しいとは限りません。

そこで、以下では、21年分の株価データを活用して、「仕手株は危険なのか?」ということを徹底的に分析していきます。

2.仕手株は危険なのか?

仕手株か危険なのかという点について、過去21年過分の株価データを活用して、分析してみましょう。

仕手株は危険なのかどうかを分析するために、今回は、以下の内容で分析してみました。

ⅰ.ルール詳細(仕手株は危険なのか?)

===========================================

検証対象:全銘柄
検証期間:2000/01/01~2020/12/31
1銘柄当たりの投資金額:20万円

【買い条件】
「終値が200円以下」
「終値が前日終値と比べて10%以上大きい」
・「出来高が過去120日間で最大の出来高を更新」
 ⇒上記3つの条件を満たした銘柄を、翌日に成行買い

【売り条件】
仕掛けた日から25日以上が経過
 ⇒上記を満たした翌日に成行売り

===========================================

上記が、今回の分析条件です。

仕手株の特長は、「低位株(株価が低い銘柄)」かつ「売買代金や出来高が少ない株」でした。

よって、「終値が200円以下」の銘柄を仕手株の可能性が高い銘柄としました。

また、「終値が前日終値と比べて10%以上大きい」は、仕手筋が仕手を仕掛けていたタイミングとしました。

株価が前日比で10%以上上昇したときに、「出来高が過去120日間で最大の出来高を更新」していることで、もともと出来高が低い銘柄が一気に出来高が上がり、仕手株に変貌したことを表せると考えました。

この条件で、仕手株を買い付けし、買い付けしてから25日経過したら無条件で手仕舞いします。

仮に、勝率が高く、1トレードあたりの平均損益がプラスならば、仕手株は危険ではなく、むしろトレードチャンス言えるでしょう。

一方で、勝率が低く、平均損益がマイナスならば、仕手株は危険株と言えるでしょう。

では、上記の条件で過去の株価データでトレードした場合に、どのような検証結果になるでしょうか。分析結果は以下をご覧下さい。

ⅱ.検証結果(仕手株は危険なのか?)

 勝率: 35.15 %
 勝ち数: 1,629 回
 負け数: 3,005 回
 引き分け数: 149 回

 平均損益(円): -3,692 円  平均損益(率): -2.30 %
 平均利益(円): 31,454 円  平均利益(率): 22.52 %
 平均損失(円): -22,927 円  平均損失(率): -15.87 %

 合計損益(円): -17,658,808 円  合計損益(率): -10,984.55 %
 合計利益(円): 51,238,033 円  合計利益(率): 36,691.37 %
 合計損失(円): -68,896,841 円  合計損失(率): -47,675.92 %

 PF: 0.744
 平均保持日数: 27.12 日

以上が、分析結果です。

検証結果を見てみると、勝率は35.15 %平均損益は-2.30 %です。
勝率が30%であり、平均損益も大きなマイナスです。

また、損益の推移を見ても、21年間の検証で、一貫して右肩下がりの推移となっています。

上記の結果を見る限り、仕手株を買い付けするのは、非常に危険な投資だと判断できるでしょう。

やはり、仕手筋が意図的に株価を操作している仕手株で利益を上げるのは至難の技であると言えます。

一時期、株価が急騰した銘柄に飛びつき、短期でトレードを行う投資手法「イナゴ投資」が流行りましたが、イナゴ投資もリスクが高い投資であると言えるでしょう。

ここまで悲惨な成績が出ていることから、これ以上詳しく分析するまでもなく、【仕手株は危険】であると判断できるでしょう。

3.まとめ 仕手株は危険!安易に手を出してはいけない!

21年の株価のデータを使って分析した結果、仕手株のトレードは非常に危険と判断できるでしょう。

仕手株の急騰は、何の根拠もない株価上昇であり、一時的に株価が上昇しても、いずれは元の株価に落ち着く可能性が高いです。

そもそも、仕手株集団は、まがいなりにも相場のプロです。

そして、そのプロは、個人投資家を食い物にするために、仕手株を仕込み、仕手相場を形成しています。

つまり、個人投資家に損をさせて、自分たちが儲けを出すように動くのです。
個人投資家に損を出させようとしている資金量が巨大な集団に対して、どうやって資金量が小さい我々が勝てる(利益を出せる)でしょうか。

わざわざ、悪意を持った敵がしかけている仕手株をトレードする必要はありません。
仕手株の株価が大きく上昇していて、勝ち馬に乗りたい気持ちは分かりますが、もっと、周りに目を向けることで、優良な銘柄は沢山存在します。

仕手株以外の魅力的な株に目を向けてみてはいかがでしょうか。

<追伸>
【無料】株システムトレードの教科書の記事は「システムトレードの達人」を使って検証しています。
↓↓↓↓↓

今ならシステムトレードの達人(無料版)がこちらよりダウンロードできます。
ぜひ手に入れてください!