今回は、10月に株価が上昇しやすい日経225銘柄について
システムトレードの観点から検証していきます。

日経平均採用銘柄(225銘柄)の中で、
10月に上がりやすい傾向がある銘柄をご紹介したいと思います。

10月に株価が上がりやすい銘柄を紹介する前に、
10月の日経平均225銘柄全体の傾向について検証してみましょう。

執筆者

田村 祐一
田村 祐一

フェアトレード株式会社所属。調査本部アナリスト。統計データを重視したシステムトレードとファンダメンタルを組み合わせて銘柄分析を行う。株主優待先回り買い等の「イベント投資」にも注力。



1.10月の日経225銘柄の傾向検証

9月末に日経平均採用銘柄(225銘柄)を購入し、
10月末に売却した場合の成績は以下の通りです。

【検証結果】10月日経平均採用銘柄(225銘柄)の傾向

10gatu225-suii

勝率: 45.04 %
勝ち数: 2,142 回
負け数: 2,614 回
引き分け数: 98 回

平均損益(円): -2,033 円  平均損益(率): -1.02 %
平均利益(円): 15,463 円  平均利益(率): 7.73 %
平均損失(円): -16,447 円  平均損失(率): -8.22 %

合計損益(円): -9,870,309 円  合計損益(率): -4,935.28 %
合計利益(円): 33,121,685 円  合計利益(率): 16,561.35 %
合計損失(円): -42,991,994 円  合計損失(率): -21,496.63 %

プロフィット・ファクター(総利益÷総損失): 0.770
平均保持日数: 27.33 日

以上が、日経平均採用銘柄全体の9月の傾向です。

2.まとめ 10月の日経225銘柄の傾向は?

勝率が5割を切り、平均損益もマイナスです。
よって、10月の日経平均株価は下がりやすい傾向があると言えるでしょう。

下がりやすい傾向が確認できることから、10月に日経225銘柄を
トレードする場合には、注意が必要と言えるでしょう。

では、下がりやすい10月相場で、
好成績を残す期待が持てる銘柄をご紹介しますね。

以下が、好成績期待の銘柄です。

■10月日経225好成績銘柄

225-joui-ranking

上記が好成績ランキング上位の銘柄です。

大変申し訳ないのですが、
10月は、はっきりと上がりやすい傾向が確認できる銘柄が極端に少ないです。

10月好成績ランキング一位の「ファナック(6954)」でも、
勝率は68.18%とパッとしません。

今回は、便宜上、勝率が55%以上の銘柄を紹介しましたが、
10月は明確に好成績が確認できる銘柄はありませんね。

よって、10月は「日経平均採用銘柄(225銘柄)はトレード対象から外す」
戦略が有効と言えるのではないでしょうか。

<追伸>
コロナショックで相場が大きく動いている最中ですので、今の株価動向が気になる方も多いかと思います。
下記リンクのメルマガを中心に情報を更新していく予定です。
無料ですのでぜひご登録いただけるとありがたいです

西村剛の投資戦略メルマガ【無料】