Pocket




11月前半の売り勝率は63.5%!!

こんにちは、

今回は、「11月前半は、日経225銘柄を空売りしろ!?」
について紹介したいと思います。

11月相場は、1年の中で特に下がりやすい傾向があります。

実は、過去の株価を見ると、
11月の中でも、月前半が強烈に下がりやすい傾向があるのです!!

単純に「11月はトレードを控える」という戦略もありですが、
せっかくなら、この傾向を生かして、利益を出したいものです。

「11月前半は下がりやすい」=「空売りのチャンス!!」
と考え、この仮定が正しいかどうかを検証してみました。

この記事を書いた人

田村 祐一
田村 祐一

フェアトレード株式会社所属。調査本部アナリスト。統計データを重視したシステムトレードとファンダメンタルを組み合わせて銘柄分析を行う。株主優待先回り買い等の「イベント投資」にも注力。


では、さっそく検証に入ります。

===========================================
検証対象:日経平均採用銘柄(225銘柄)

検証期間:1990/03/01~2014/09/30
1銘柄当たりの投資金額:20万円

【買い条件】
・10月末の最終営業日の寄り付きで買い
売り条件
・15日経過後の翌日営業日寄り付きで売り
===========================================

以上のルールで過去のデータを用いて検証した結果は、以下の通りです。

【検証結果】11月前半に空売り

11月前半は日経225銘柄を空売り

勝率: 63.51 %
勝ち数: 3,007 回
負け数: 1,728 回
引き分け数: 71 回

平均損益(円): 4,344 円  平均損益(率): 2.17 %
平均利益(円): 13,355 円  平均利益(率): 6.68 %
平均損失(円): -11,158 円  平均損失(率): -5.58 %

合計損益(円): 20,877,531 円  合計損益(率): 10,439.07 %
合計利益(円): 40,159,105 円  合計利益(率): 20,080.28 %
合計損失(円): -19,281,574 円  合計損失(率): -9,641.21 %

プロフィット・ファクター(総利益÷総損失): 2.083
平均保持日数: 16.50 日

勝率は63.5%、平均損益も2.1%と良好です。

以上の結果から、
「11月前半は空売りのチャンス!!」という仮定は正しいと判断できるでしょう。

11月前半の投資を行う上で、
「日経225銘柄の空売り戦略」をとってみるのも良いかもしれませんね。

なお、以下にご参考として、「11月前半の日経225銘柄の空売り」で
好成績を残している銘柄をご紹介します。

■11月前半の空売り好成績銘柄(日経225銘柄)

11月前半空売り好成績銘柄一覧

今回は、「勝率80%」以上の銘柄を掲載しています。

ぜひ、お役立ていただければと思います。

<追伸>
コロナショックで相場が大きく動いている最中ですので、今の株価動向が気になる方も多いかと思います。
下記リンクのメルマガを中心に情報を更新していく予定です。
無料ですのでぜひご登録いただけるとありがたいです

西村剛の投資戦略メルマガ【無料】