そろそろ利益確定売りに一旦押される可能性が高い

こんにちは、

今回は、「日経平均株価が7連騰!!どこまで連騰は続くのか?」

について取り上げたいと思います。

12月8日の日経平均株価は、

前日比15円19銭高の17935円64銭で引けました。

11月米国雇用統計が想定超に良好であったことから、
米国株式市場が上昇しました。

それを受けて、日本株市場も連れ高となっています。

本日の上昇で、日経平均株価は7日連続株価が上昇しています。

前回の記事「日経平均株価が6日連続上昇!!来週の株価は?」で、

日経平均株価が6連騰するケースは
とても珍しい現象であるとお伝えしました。

7連騰は、もっと珍しいです。

「もうそろそろ下がりそうだ」とか「この後株価はどうなるのか?」
と感じている方も多いかもしれません。

そこで、今回は「日経平均株価が7連騰以上した」場合の
その後の株価の動きについてシミュレーションしてみました。

執筆者

田村 祐一
田村 祐一

フェアトレード株式会社所属。調査本部アナリスト。統計データを重視したシステムトレードとファンダメンタルを組み合わせて銘柄分析を行う。株主優待先回り買い等の「イベント投資」にも注力。



■日経平均株価シミュレーション

【ルール詳細】

===========================================

検証対象:日経平均株価

検証期間:1990/03/01~2014/11/30

1銘柄当たりの投資金額:20万円

【買い条件】

・日経平均株価が「●連騰」した翌日に成行買い

※「●連騰」では、「7連騰」「8連騰」「9連騰」「10連騰」の
4パターンに分けて、それぞれ検証します。

【売り条件】

・5日経過後の翌日営業日寄り付きで売り

===========================================

日経平均株価が「7連騰」「8連騰」「9連騰」「10連騰」した場合に、
それぞれ翌日に買い付けし、5日間保有した場合の検証を行います。

このようにすることで、日経平均株価が7連騰以上した場合の
1週間の株価の推移をある程度推測できると考えました。

各検証結果を以下の表にまとめました。

では、さっそく確認してみましょう!!

【検証結果】

日経平均株価の連騰数

※すでに「6連騰」を超えていますが、便宜上「6連騰」についても記載しました。

上記の結果を確認すると、

勝率が一番高いのは、「7連騰」の63.16%で、
それを超えると、勝率は悪化しています。

つまり、「7連騰」後の数日で日本株市場はピークを迎え、
一旦調整する可能性があると判断できるでしょう。

12月8日に日本株市場は「7連騰」を達成したことから、
そろそろ日本株市場は短期的なピークを迎えたのかもしれません。

今から、現在の上昇トレンドに乗ろうとポジションを増やすと、
不用意に損失を被る可能性があることには注意が必要ですね。

今回の検証結果は、トレード回数が数十回程度と少ないことから、
統計的には、若干信頼性が低いです。

しかし、この検証結果を判断材料の1つとして持っておくことで、
少なくとも悪影響を及ぼすことはないでしょう。

<追伸>
コロナショックで相場が大きく動いている最中ですので、今の株価動向が気になる方も多いかと思います。
下記リンクのメルマガを中心に情報を更新していく予定です。
無料ですのでぜひご登録いただけるとありがたいです

西村剛の投資戦略メルマガ【無料】