11月17日の週は一旦調整か?

こんにちは、

本日は、

「日経平均株価の終値が25日移動平均線との乖離率10%越え!!来週の株価は?」

について取り上げたいと思います。

執筆者

田村 祐一
田村 祐一

フェアトレード株式会社所属。調査本部アナリスト。統計データを重視したシステムトレードとファンダメンタルを組み合わせて銘柄分析を行う。株主優待先回り買い等の「イベント投資」にも注力。



11月14日の日経平均株価は、
前日比98円4銭高の17490円83銭で引けました。

衆議院解散総選挙が行われるとの思惑や、
消費税増税が先送りされるとの見通しから、
日本株市場に資金が断続的に流入しています。

本日の上昇を受けて、
日経平均株価にとても面白い現象が起こりました。

その面白い現象とは、

タイトルにも書いたとおり、
日経平均株価の終値が25日移動平均線との乖離率が10%を超えたのです。

11月14日の日経平均株価終値:17490円83銭
11月14日時点の25日移動平均:15895円4銭

終値と25日移動平均線の乖離率(%)
=17490円83銭÷15895円4銭=10.03%

実は、25日移動平均との乖離率が
「10%」を超えることは、めったに見られません。

おそらく数年に1回あるかないかという現象です。

そこで、今回は、「日経平均株価の終値が25日移動平均線との乖離率が10%を超えた」翌週の日経平均株価がどうなるのかを、過去のデータを使ってシミュレーションしてみました。

■日経平均株価シミュレーション

【ルール詳細】

===========================================

検証対象:日経平均株価

検証期間:1990/03/01~2014/10/31

1銘柄当たりの投資金額:20万円

【買い条件】

・日経平均株価の終値と25日移動平均との乖離率が10%を越えた、翌日に成行買い

【売り条件】

・7日経過後の翌日営業日寄り付きで売り
===========================================

日経平均株価の終値と25日移動平均との乖離率が10%を越えた
翌日に買い付けし、1週間保有した場合の検証を行います。

この検証結果を確認することで、
来週(11月17日~21日)あたりまでの株価推移をある程度予想できそうです。

検証結果をさっそく見てみましょう!!

【検証結果】

日経平均株価 25日移動平均との乖離率10%越え出所:システムトレードの達人 達人モード「運用資産の推移」画面

■バックテスト結果■

勝率: 30.00 %
勝ち数: 3 回
負け数: 7 回
引き分け数: 0 回
平均損益(円): -2,538 円  平均損益(率): -1.27 %
平均利益(円): 5,001 円  平均利益(率): 2.50 %
平均損失(円): -5,769 円  平均損失(率): -2.88 %
合計損益(円): -25,379 円  合計損益(率): -12.69 %
合計利益(円): 15,003 円  合計利益(率): 7.50 %
合計損失(円): -40,382 円  合計損失(率): -20.19 %
プロフィット・ファクター(総利益÷総損失): 0.372
平均保持日数: 8.50 日

■まとめ 来週の株価はどうなるか

検証結果を見てみると、

「日経平均株価の終値と25日移動平均との乖離率が10%を越えた」のは、
1990年からの検証で、たったの「10回」しかありません。

いかに、めずらしい現象かがご理解いただけるのではないでしょうか。

より成績を確認すると、

勝率は30%となっており、
条件を満たした翌週は、10回中7回が下落していることが分かります。

また、平均損益も-1.2%となっています。

つまり、乖離率が10%を超えた翌週の日経平均株価は、
平均して約1.2%下落しているということです。

日銀の追加金融緩和の決定以降、
日本株市場には追い風が吹き大きく上昇しています。

しかし、過去のデータを見る限りでは、
来週の相場は、一旦調整するリスクが高いと言えそうです。

過度にリスクオンをして、
運用資金の大半をつぎ込む等の戦略は控えたほうが良さそうです。

なお、平均利益が2.5%、平均損失が-2.88%となっています。

この数値から、来週の日経平均株価のレンジを予想すると、

日経平均株価の上昇が続いた場合には、約17,928円まで上昇、
下落に転じてしまった場合には、約16987円まで下落する可能性がありそうです。

今回の検証結果は、トレード回数が約10回と少ないことから、
統計的には、若干信頼性が低いです。

しかし、この検証結果を判断材料の1つとして持っておくことで、
少なくとも悪影響を及ぼすことはないでしょう。

ぜひ、来週の投資を行う上での判断材料の1つに活用いただければと思います。

■追伸

前回乖離率が10%を越えたのは、「2013年5月22日」です。

去年のことですので、記憶に新しい人も多いかもしれません。

「2013年5月22日」付近で、日経平均株価が高値を付けて以降、
1万5500円から1万3000円を割る水準まで株価が急落したのです。

去年と同様の動きを危険性があると十分に把握した上で、投資を行ったほうが
不用意な損失を被るリスクを押さえることができるでしょう。

<追伸>
コロナショックで相場が大きく動いている最中ですので、今の株価動向が気になる方も多いかと思います。
下記リンクのメルマガを中心に情報を更新していく予定です。
無料ですのでぜひご登録いただけるとありがたいです

西村剛の投資戦略メルマガ【無料】