Pocket




2月から一転、3月は強い上昇傾向

こんにちは、

今回は「3月に株価が上昇しやすい日経225銘柄」
についてご案内したいと思います。

3月は、3月決算企業の決算確定月であることから、
例月とは異なり、投資家の動きが活発化します。

機関投資家は、決算に絡んで、
保有銘柄の入れ替えや手仕舞いをします。

また、個人投資家も、配当権利が確定することから、
配当優待狙いの売買が増加します。

このような動きがあることから、
3月は例月とは異なる動きをする可能性が高そうです。

そこで、3月に株価が上昇し安銘柄をご案内する前に、
3月の日経225銘柄全体の傾向を確認していきましょう。

この記事を書いた人

田村 祐一
田村 祐一

フェアトレード株式会社所属。調査本部アナリスト。統計データを重視したシステムトレードとファンダメンタルを組み合わせて銘柄分析を行う。株主優待先回り買い等の「イベント投資」にも注力。



1.3月の日経225銘柄の傾向検証

2月末に日経平均採用銘柄(225銘柄)を購入し、
3月末に売却した場合の成績は以下の通りです。

【検証結果】3月の日経225銘柄の傾向

3月日経平均採用銘柄成績

勝率: 59.14 %
勝ち数: 1,834 回
負け数: 1,267 回
引き分け数: 35 回

平均損益(円): 4,834 円  平均損益(率): 2.42 %
平均利益(円): 18,975 円  平均利益(率): 9.49 %
平均損失(円): -15,500 円  平均損失(率): -7.75 %

合計損益(円): 15,160,951 円  合計損益(率): 7,580.61 %
合計利益(円): 34,799,234 円  合計利益(率): 17,400.06 %
合計損失(円): -19,638,283 円  合計損失(率): -9,819.45 %

プロフィット・ファクター(総利益÷総損失): 1.772
平均保持日数: 27.26 日

2.まとめ 3月の日経225銘柄の傾向は?

上記の結果を確認すると、
勝率は6割近く、平均損益も2.4%と高いです。

以上から、3月の日経平均株価は、上がりやすい傾向があると言えるでしょう。

この6割の勝率かつ、2.4%もの平均損益は、
他の月と比べてとても良好な数値です。

3月は、日経平均採用銘柄に注目することで、
利益が期待できそうです。

なお、日経225銘柄の中で、
3月は好調に推移している銘柄を確認してみましょう。

以下に、3月に例年好成績を残している銘柄をご紹介します。

■3月日経225好成績銘柄

3月日経225上位ランキング

今回は、勝率が「70%以上」の銘柄を掲載しています。

業種等に関係なく、好成績の銘柄が多いです。

実は、3月に関しては、採用銘柄(225銘柄)のうち、
170銘柄が、勝率5割を超え、平均損益もプラスです。

このような傾向が見られるのは、
12ヶ月の中でも「3月」くらいです。

ぜひ、3月は「日経平均採用銘柄」に注目してみてはいかがでしょうか。

■追伸

<追伸>
コロナショックで相場が大きく動いている最中ですので、今の株価動向が気になる方も多いかと思います。
下記リンクのメルマガを中心に情報を更新していく予定です。
無料ですのでぜひご登録いただけるとありがたいです

西村剛の投資戦略メルマガ【無料】