*

日経平均株価が7連騰!!どこまで連騰は続くのか?

そろそろ利益確定売りに一旦押される可能性が高い

 

こんにちは、

今回は、「日経平均株価が7連騰!!どこまで連騰は続くのか?」

について取り上げたいと思います。

 

12月8日の日経平均株価は、

前日比15円19銭高の17935円64銭で引けました。

 

11月米国雇用統計が想定超に良好であったことから、
米国株式市場が上昇しました。

それを受けて、日本株市場も連れ高となっています。

本日の上昇で、日経平均株価は7日連続株価が上昇しています。

 

前回の記事「日経平均株価が6日連続上昇!!来週の株価は?」で、

 

日経平均株価が6連騰するケースは
とても珍しい現象であるとお伝えしました。

 

7連騰は、もっと珍しいです。

 

「もうそろそろ下がりそうだ」とか「この後株価はどうなるのか?」
と感じている方も多いかもしれません。

 

そこで、今回は「日経平均株価が7連騰以上した」場合の
その後の株価の動きについてシミュレーションしてみました。

 

===========================================

検証対象:日経平均株価
検証期間:1990/03/01~2014/11/30
1銘柄当たりの投資金額:20万円

 

【買い条件】

・日経平均株価が「●連騰」した翌日に成行買い

※「●連騰」では、「7連騰」「8連騰」「9連騰」「10連騰」の
4パターンに分けて、それぞれ検証します。

【売り条件】

・5日経過後の翌日営業日寄り付きで売り

===========================================

 

日経平均株価が「7連騰」「8連騰」「9連騰」「10連騰」した場合に、
それぞれ翌日に買い付けし、5日間保有した場合の検証を行います。

 

このようにすることで、日経平均株価が7連騰以上した場合の
1週間の株価の推移をある程度推測できると考えました。

 

各検証結果を以下の表にまとめました。

では、さっそく確認してみましょう!!

 

日経平均株価の連騰数

※すでに「6連騰」を超えていますが、便宜上「6連騰」についても記載しました。

 

 

上記の結果を確認すると、

 

勝率が一番高いのは、「7連騰」の63.16%で、
それを超えると、勝率は悪化しています。

 

つまり、「7連騰」後の数日で日本株市場はピークを迎え、
一旦調整する可能性があると判断できるでしょう。

 

12月8日に日本株市場は「7連騰」を達成したことから、
そろそろ日本株市場は短期的なピークを迎えたのかもしれません。

 

今から、現在の上昇トレンドに乗ろうとポジションを増やすと、
不用意に損失を被る可能性があることには注意が必要ですね。

 

今回の検証結果は、トレード回数が数十回程度と少ないことから、
統計的には、若干信頼性が低いです。

しかし、この検証結果を判断材料の1つとして持っておくことで、
少なくとも悪影響を及ぼすことはないでしょう。

 

 

■追伸

 

いつも記事をご覧下さいまして、ありがとうございます


この記事の検証には、
日本株検証ソフト 「システムトレードの達人」を使用しています。

【期間限定】で、「システムトレードの達人」のフリー版を無料プレゼントしています。 もしよかったら、上記より利用してみてくださいね。

関連記事

l_013

サラリーマン必見!!サラリーマンが買ってはいけない銘柄とは?

こんにちは、 今回は、「サラリーマンが買ってはいけない銘柄は?」 について、ラジオ音声で取り

記事を読む

s_056

【株シストレ研究所】システムトレードのソフトはどこがいいか?

ソフトに良いも悪いもない   今回は、「システムトレードを実践するために必要な検証

記事を読む

busi_044

日経平均株価が6日連続上昇!!来週の株価は?【株シストレ研究所】

12月8日の週は、上昇が継続か?   こんにちは、 本日は、「日経平均株価が

記事を読む

s_118

【株シストレ研究所】システムトレードの運用資金はいくら必要?

■システムトレードをはじめるにはいくら必要?   今回は、「システムトレードの実践

記事を読む

busi_015

日経平均株価の終値が25日移動平均線との乖離率10%越え!!来週の株価は?

11月17日の週は一旦調整か?   こんにちは、 本日は、 「日経平均

記事を読む

s_118

曜日アノマリーを利用した空売りデイトレ戦略【株シストレ研究所】

曜日アノマリーを利用したシステムトレード戦略   今回は、「曜日アノマリー」を利用

記事を読む

l_075

【株シストレ研究所】大手証券会社VSネット証券 どちらが良い?

こんにちは、 今回は、「売買手数料が運用成績に大きな差を生む」 についてご紹介したいと思いま

記事を読む

l_049

テクニカル分析とファンダメンタル分析の違いとは?【株シストレ研究所】

こんにちは、 今回は、システムトレードからは若干ズレますが、 「テクニカル分析とファンダ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

s_020
9月東証1部の傾向は?【株シストレ研究所】

9月は強烈に下がりやすい傾向!   今回は、「9

heap of coins close up
ゴールデンウィーク直前は、新興市場銘柄が買い!?【株シストレ研究所】

ゴールデンウィーク明けに、リバウンド期待!!   こ

009
5月東証1部の傾向は?【株シストレ研究所】

日経225と同様に軟調に推移・・・   今回は、「5

l_016
4月新興市場は上がる?下がる?【株シストレ研究所】

4月新興市場は強烈に上昇しやすい傾向   こんにちは

l_012
【株シストレ研究所】5月に上昇しやすい日経225銘柄は?

5月は日経平均採用銘柄は下がりやすい傾向   こんに

→もっと見る

PAGE TOP ↑