*

ゴールデンクロスは有効か?【株シストレ研究所】

公開日: : 最終更新日:2014/09/29 システムトレード, テクニカル指標の有効性 , ,

テクニカル指標「ゴールデンクロス」は有効か? 

 

今回は、「ゴールデンクロス」について、
統計的な有効性について検証していきましょう。

この用語は、あなたもよく耳にするかもしれません。

「ゴールデンクロス」とは、短期の移動平均線が
長期の移動平均線を上抜くことを言います。

これと対をなすのが「デットクロス」です。

「デッドクロス」とは、短期の移動平均線が
長期の移動平均線を上から下抜くことを言います。

一般的に、ゴールデンクロスは絶好の買いタイミング、
デットクロスは絶好の売りタイミングと言われています。

 

果たして本当なのでしょうか?

 

そこで、今回は、「ゴールデンクロス」した銘柄を買い付け、
「デットクロス」したタイミングで手仕舞いした場合に、
過去の検証では利益が得られたかどうかを検証してみます。

では、さっそく検証条件を確認していきましょう。
検証条件は、以下の通りです。

===========================================
検証対象:全銘柄
検証期間:1990/03/01~2014/05/31
1銘柄当たりの投資金額:20万円

【買い条件】
・5日移動平均線が25日移動平均線を上抜いた銘柄を、翌日成行買い

【売り条件】
・5日移動平均線が25日移動平均線を下抜いた、翌日に成行売り(手仕舞い)
===========================================

上記が、今回の検証条件です。

今回は、短期の移動平均を「5日移動平均線」、
長期の移動平均を「25日移動平均」としました。

仮に、勝率が高く、1トレードあたりの平均損益がプラスならば、
この「移動平均乖離率」を使用した投資法は有効と言えるでしょう。

では、上記条件で検証した場合に、どのような検証結果になるでしょうか。

検証結果は、以下の通りです。

 

【検証結果】

 

GC
勝率: 35.09 %
勝ち数: 102,558 回
負け数: 189,709 回
引き分け数: 9,781 回

平均損益(円): 2,192 円  平均損益(率): 1.10 %
平均利益(円): 27,019 円  平均利益(率): 13.51 %
平均損失(円): -11,116 円  平均損失(率): -5.56 %

合計損益(円): 662,174,767 円  合計損益(率): 331,066.48 %
合計利益(円): 2,771,014,414 円  合計利益(率): 1,385,531.49 %
合計損失(円): -2,108,839,647 円  合計損失(率): -1,054,465.01 %

プロフィット・ファクター(総利益÷総損失): 1.314
平均保持日数: 31.22 日

 

以上が、検証結果です。

検証結果を見てみると、勝率は35.09%、平均損益は1.10%です。

平均損益がプラスで、合計損益もプラスとなっていることから、
一応統計的に有効な投資法と言えそうです。

ただし、「一応」です。

勝率が35%と若干低いために、
この条件だけでトレードすることには抵抗を感じます

今回の検証条件に、より条件を追加する必要がありそうですね。

なお、その条件とは「中長期のチャートが上昇トレンド」
の銘柄をトレードするということです。

イメージするために、以下のチャートをご覧下さい。

【勝ちトレード例】

kachi

 

勝ちトレードは、株価が「75日移動平均線」や「150日移動平均線」の上を推移している銘柄が多く、「上昇トレンドを形成」しています。

 

【負けトレード例】

make

 

長期で下落トレンドにある銘柄のゴールデンクロスは、その後下がりやすい傾向。ダマシである可能性が高いです。

 

いかがでしょうか、上記で表示したチャートは、あくまでも一例です。

しかし、「上昇トレンド」にある銘柄の「ゴールデンクロス」は
トレードチャンスとなる可能性が高いです。

 

ぜひ、この投資戦略を活用してみては、いかがでしょうか。

 

いつも記事をご覧下さいまして、ありがとうございます


この記事の検証には、
日本株検証ソフト 「システムトレードの達人」を使用しています。

【期間限定】で、「システムトレードの達人」のフリー版を無料プレゼントしています。 もしよかったら、上記より利用してみてくださいね。

関連記事

s_056

空売りデイトレ戦略とは?【株シストレ研究所】

こんにちは、 今回は「空売りデイトレ戦略」について、取り上げて行きたいと思います。 &n

記事を読む

l_021

ストップ安銘柄の逆張り買いは危険?【株シストレ研究所】

今回は、「ストップ安銘柄の逆張り買いの有効性」について、 システムトレード的な観点から検証していき

記事を読む

l_011

11月新興市場は上がる?下がる?

11月は新興市場銘柄のトレードはとても危険!!   今回は、11月新興市場の株価の

記事を読む

l_012

11月に上がりやすい業種は〇〇!!

11月に上がりやすい業種は、36業種中、たったの3業種!!   こんにちは!!

記事を読む

009

【株シストレ研究所】NYダウが上がったら、日本株は買い?

NYダウを使ったシステムトレード戦略の構築   今回は、「NYダウが上がったら、日

記事を読む

l_039

11月上がりやすい日経225銘柄は?

11月は保険関連銘柄が好調!?   11月に株価が上昇しやすい日経225銘柄につい

記事を読む

l_011

ストップ高銘柄の後追いは危険?【株シストレ研究所】

今回は、「ストップ高銘柄の売買の有効性」についてシステムトレード的な観点から検証していきたいと思いま

記事を読む

s_039

【株シストレ研究所】ブレイクアウト戦略とは?

システムトレードにおけるブレイクアウト戦略とは? 本日は、前回の続きで「順張り戦略」の分析をより深

記事を読む

l_016

4月新興市場は上がる?下がる?【株シストレ研究所】

4月新興市場は強烈に上昇しやすい傾向   こんにちは、 今回は、「4月新興市

記事を読む

114

【株シストレ研究所】11月東証1部は上がる?下がる?

11月の東証1部は下がりやすい傾向(シストレ検証)   今回は、「11月の株式市場

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

s_020
9月東証1部の傾向は?【株シストレ研究所】

9月は強烈に下がりやすい傾向!   今回は、「9

heap of coins close up
ゴールデンウィーク直前は、新興市場銘柄が買い!?【株シストレ研究所】

ゴールデンウィーク明けに、リバウンド期待!!   こ

009
5月東証1部の傾向は?【株シストレ研究所】

日経225と同様に軟調に推移・・・   今回は、「5

l_016
4月新興市場は上がる?下がる?【株シストレ研究所】

4月新興市場は強烈に上昇しやすい傾向   こんにちは

l_012
【株シストレ研究所】5月に上昇しやすい日経225銘柄は?

5月は日経平均採用銘柄は下がりやすい傾向   こんに

→もっと見る

PAGE TOP ↑