システムトレーダーは急激な上昇が苦手!?

こんにちは、

今回はいつもとは少し違うお話をしようと思います。

本日は、「システムトレード」を実践している人向けの記事です。

執筆者

田村 祐一
田村 祐一

フェアトレード株式会社所属。調査本部アナリスト。統計データを重視したシステムトレードとファンダメンタルを組み合わせて銘柄分析を行う。株主優待先回り買い等の「イベント投資」にも注力。



日銀の追加金融緩和決定によって、
2014年10月31日以降、日本株市場は大きく上昇しています。

多くの投資家が、保有銘柄の含み益の拡大や、
損失幅の縮小といった恩恵を受けているかと思います。

ただし、この「多くの投資家」には、
「システムトレーダー」は含まれていないでしょう。

おそらく、大半のシステムトレーダーは、
10月末の時点で保有銘柄がほとんどなかったでしょう。

そして、保有銘柄がないことから、
今回の急騰を指をくわえて見ているだけではないでしょうか。

このような状況下では、いくらシステム通りに運用する
システムトレーダーでも、「裁量トレーダー」が羨ましく感じるかもしれません。

ここで、絶対にやってはいけないことがあります。

それは、「システムを捨て、裁量トレードに走ること」です。

日経平均株価は、直近4営業日で約10%上昇しています。

この勢いは、数年間のチャートでみても、
ほとんど見られない勢いです。

ここで、焦って裁量に走る行為は、
システムトレーダーとしては、失格です。

あなたが、本当にシステムトレーダーになりたいならば、
この急騰後の利益確定売りのタイミングを狙うはずです。

相場は、一方向に上昇し続けることは、ありません。

上昇局面でも、必ず一時的な調整はあります。

私たちシステムトレーダーは、そこを狙うのです。

システムトレーダーが得意とする戦略は、
「逆張り」や「押し目買い」戦略です。

これらの戦略に該当する銘柄が現れるまで、
じっと待つのみです。

今回の日本株市場の急騰は、
システムトレーダーとしての真価を問われるときです。

乗り遅れているという焦りを今回克服できれば、

あなたはシステムトレードをどのような相場でも
実践できる上級者になることができるでしょう。

今はどのシステムトレーダーも苦しいはずです。

一緒に乗り切って、その後のチャンスをつかみましょう!!

<追伸>
コロナショックで相場が大きく動いている最中ですので、今の株価動向が気になる方も多いかと思います。
下記リンクのメルマガを中心に情報を更新していく予定です。
無料ですのでぜひご登録いただけるとありがたいです

西村剛の投資戦略メルマガ【無料】