執筆者

西村剛
西村剛

フェアトレード株式会社 代表取締役。機関投資家出身で統計データを重視したシステムトレードに注力。2011年株-1グランドチャンピオン大会で+200.4%、2012年+160.1%、2013年157.0%を叩き出し三連覇達成。証券アナリスト検定会員。システムトレードを使った定量分析と、これまでファンドマネジャーとして培ったファンダメンタルズ分析を融合した新しい視点で株式市場を分析し、初心者でもわかりやすい言葉を使った解説に定評がある。


月別アノマリーガイドブック

1.2021年の大納会と2022年の大発会はいつ?

コロナショック以降、日本株市場は好調に推移し、日経平均株価はバブル崩壊後の最高値3万500円を突破しました。

しかし、その一方で、中国不動産バブルの崩壊懸念が出始めています。

2021年の最終営業日である大納会と2022年の第1営業日である大発会がいつなのか気になる方も多いかと思います。

大納会,大発会

2021年の大納会は、12月30日(木)です。
そして、2022年の大発会は、1月4日(火)です。

年末年始の相場は、多くの個人投資家が長期休みに入っていることから、お祭りムードが漂いやすく、売買が活発になります。

その一方で、機関投資家は休暇中で売買が行われないことから、大納会や大発会の株式市場の動きは非常に独特です。

そして、新年はめでたいという気持ちが強くなることから、新たな資金で株を買い付けしようという流れが生まれやすいです。

実際、株式市場のアノマリーとして、「12月末の大納会に銘柄を買い付けし、大発会に売ると勝ちやすい」というアノマリーが存在します。

大納会直前の12月後半は、機関投資家が休みに入ることから、12月前半は例年持っているポジションを整理する動きが出ます。

また、個人投資家も節税対策で売りを出しやすく、12月前半は比較的株式市場は軟調に推移する傾向があります。

一方で、大納会から大発会の年末年始は、それらの投資家が、ポジションの買戻しや 新たな銘柄へ資金を入れるために、上がりやすい傾向があると言われています。

これが、大納会や大発会の相場は、株価が上がりやすいといわれる理由です。

確かに、文字だけ見ると、理屈が通っていると言えそうですね。

この大納会と大発会の傾向が本当ならば、それを利用しない手はありません。

今回は過去の株価のデータ21年分を使って、「大納会と大発会の傾向」について、詳しく分析してみました。

2.2018年と2019年の大納会と大発会を振り返る

株価データを活用して「大納会と大発会の傾向」について分析を行う前に、過去2年間の大納会と大発会を振り返ってみましょう。

【2019年大納会と2020年大発会】
大納会,大発会

上記は、日経平均株価の2019年大納会と2020年大発会のチャートです。

上記を確認すると、大納会から大発会にかけて、株価が大きく下落していることが確認できます。

中東情勢が緊迫化したことで、年始より波乱の展開となりました。

一時は米国とイランの戦争に発展するのではないかと危惧され、大納会から大発会にかけて株式市場は大きく下落しました。

では、次に2020年大納会と2021年大発会のチャートを確認しましょう。

【2020年大納会と2021年大発会】

大納会,大発会

上記は、日経平均株価の2020年大納会と2021年大発会のチャートです。

上記を確認すると、こちらは、大納会の終値と大発会の始値を比較すると、株価が上昇していることが確認できます。

コロナショック以降、目立った悪材料もなかったこともあり、相場全体が上昇トレンドを形成していました。

年末年始もその流れが続きました。

過去2年間の大納会と大発会の株価の状況を確認すると、「2019年大納会と2020年大発会」では、株価が下落したものの、「2020年大納会と2021年大発会」では、株価が上昇しています。

冒頭では、大納会から大発会にかけては、株価が上がりやすいアノマリーがあると言われているとお伝えしました。

直近2年間のチャート分析だけでは、世間一般に言われているアノマリーが本当に正しいのかははっきりしませんね。

そこで、今回は過去の株価のデータ21年分を使って、「大納会の引け買い、大発会の寄り売りは有効か?」について、詳しく分析してみましょう。

3.大納会の引け買い、大発会の寄り売りは有効か?

ここでは、「大納会の引け買い、大発会の寄り売りは有効か?」について、過去21年過分の株価データを活用して、分析してみましょう。

大納会の引け買い、大発会の寄り売りが有効な戦略かどうかを分析するために、今回は、以下の内容で分析してみました。

ⅰ.ルール詳細(大納会の引け買い、大発会の寄り売りが有効か?)

大納会,大発会

上記の条件で、どのような成績になるかを分析しました。

買い条件」は、大納会がある、12月27日28日29日30日のいずれかで仕掛けるように設定しました。

そして、売り条件」は、大発会(年始の第1営業日)の寄り付きに手仕舞いする設定にしました。

このように設定することで、大納会の引け買い、大発会の寄り売りの傾向を掴むことが出来るでしょう。

仮に、勝率が50%以上で、損益がプラスならば、大納会の引け買い、大発会の寄り売りは買いのチャンスと判断できます。

反対に、損益がマイナスであるならば、大納会の引け買い、大発会の寄り売りは空売りのチャンス言えるでしょう。

では、上記の条件で過去の株価データでトレードした場合に、どのような分析結果になるでしょうか。分析結果は以下をご覧下さい。

ⅱ.分析結果(大納会の引け買い、大発会の寄り売りが有効か?)

大納会,大発会

上記が、分析結果です。

分析結果を見てみると、勝率は65.39%、平均損益は1.45%となっています。

勝率は6割を超え、平均損益はプラスです。

以上の結果から、大納会の引け買い、大発会の寄り売りは買いのチャンスと判断できるでしょう。

なお、一点だけ、「大納会の引け買い、大発会の寄り売り」戦略には、戦略を活用する場合の注意点があります。

それは、年によっては、大納会で買い付けしたほぼすべての銘柄が負けてしまう恐れがあることです。

以下に、2000年から2021年までの、各年度の成績をまとめた表を記載します。以下をご覧下さい。

【年別成績~大納会の引け買い、大発会の寄り売り~】

上記の表を確認すると、勝っている年の勝率や平均損益と、負けている年のそれでは大きな開きがあることが確認できます。

勝つ年は、勝率が7割を超えており、大納会で買い付けしたほぼすべての銘柄が利益で手仕舞い出来ています。

しかし、負ける年だと、勝率は40%を下回る年もあり、大納会で買い付けした銘柄の大半が損失で終了することもあるようです。

過去、トータルで負けた年は、2001年2008年2015年2020年4回です。

21年間の検証のうち負けた年はたった4回ですので、この「大納会の引け買い、大発会の寄り売り」戦略がいかに有効な戦略であるかは一目瞭然です。

しかし、21年のうち4回(確率約20%)で負ける年があることについては、あらかじめ注意が必要でしょう。

ただし、それを差し引いても、勝率が高く、平均損益もプラスである「大納会の引け買い、大発会の寄り売り」戦略は、統計的に有効な戦略と言えるでしょう。

4.最終日である大納会の取引時間は?

大納会であっても、取引時間は通常と変わりません。

前場:午前9時~午前11時30分

後場:午後12時30分~午後15時

ちなみに、2008年までの大納会は取引時間が異なりました。

いわゆる、半日立ち会いというもので、午前中のみ取引が行われていました。

その後、2009年より大納会であっても通常日と同じ取引時間なり、現在に至ります。

5.まとめ 「大納会の引け買い、大発会の寄り売り」戦略は有効か?

大納会,大発会

21年の株価のデータを使って分析した結果、大納会の引け買い、大発会の寄り売りは買いのチャンスであると判断できるでしょう。

大納会でめぼしい銘柄を買い付けしておき、大発会で手仕舞いする戦略はぜひ活用したい戦略でしょう。

大納会と大発会の時期は多くの個人投資家が休暇に入り、いつも以上に活発にトレードが行われるお祭り相場です。

この戦略を活用して、新年一発目でよいスタートダッシュを切ることができるでしょう。

なお、この戦略の特性上、勝つ年は大勝ち、負ける年は大負けとなる傾向が強いです。

勝つ年の割合が圧倒的に高いものの、過度な信頼はリスクが高いと言えます。

「大納会の引け買い、大発会の寄り売り」戦略を活用する場合には、運用資金の一部だけ回して適切なリスクコントロールをしてください。

ぜひ、今回の大納会の引け買い、大発会の寄り売りの分析を活用いただき、あなたのトレードに役立ててみてはいかがでしょうか。

<追伸>
【無料】株システムトレードの教科書の記事は「システムトレードの達人」を使って検証しています。
↓↓↓↓↓

今ならシステムトレードの達人(無料版)がこちらよりダウンロードできます。
ぜひ手に入れてください!