*

【株シストレ研究所】大手証券会社VSネット証券 どちらが良い?

公開日: : 最終更新日:2014/09/17 システムトレード, 投資に役立つ雑談 , , ,

こんにちは、

今回は、「売買手数料が運用成績に大きな差を生む」
についてご紹介したいと思います。

 

売買手数料にはついては、
いろいろなサイトで安い証券会社が紹介されています。

よって、私がお伝えするまでもなく、
理解されている方もいるかもしれません。

雑誌やいろいろなサイトでも、
「ネット証券の手数料は安い!!」という言葉を目にします。

 

ただ、「安い!!」と言われても、長年使っている証券会社から、
新たに別の証券会社に申し込みをするのは、少し面倒ですよね。

では、大手証券会社とネット証券でそれぞれ注文を出し続けた場合、
どれほど成績が変わるのかについて検証してみましょう!!

 

その金額の差がある程度許容できる範囲内ならば、
別に大手証券会社でもかまわないですよね。

一方で、その差が明確に異なるならば、
ネット証券に変えるべきでしょう。

 

では、さっそく検証してみましょう。検証内容は以下の通りです。

===========================================
運用資金:150万円
検証対象:日経225採用銘柄(225銘柄)
検証期間:2000/01/01~2014/08/31
1銘柄当たりの投資金額:30万円

【買い条件】
・終値と5日移動平均線との乖離率が-10%以上離れる(条件式①)

上記条件を満たした銘柄が翌日に、成行買い

【売り条件】
・含み益が5%以上 もしくは、
・買い付けしてから15日以上経過

上記2つの条件のどちらかを満たした場合に、翌日成行売り

===========================================

上記が、検証内容です。

 

運用資金150万円で運用し、1銘柄に30万円投資した場合の検証をしていきます。

ルールの内容については、今回の趣旨と外れるので割愛しますが、
この条件で運用した時に、売買手数料によって、
成績がどのように変化するか確認しましょう。

 

なお、売買手数料の額については、

大手証券会社の売買手数料(往復)を「3000円」、
ネット証券の売買手数料(往復)を「300円」とします。

この金額については、おおよその目安です。

 

では、さっそく検証してみましょう。

まずはじめは、「売買手数料300円」の検証です。

検証結果は、以下の通りです。

 

【検証結果.1】売買手数料300円

300

勝率: 67.94 %
勝ち数: 337 回
負け数: 159 回
引き分け数: 3 回

平均損益(円): 6,783 円  平均損益(率): 2.26 %
平均利益(円): 24,714 円  平均利益(率): 8.24 %
平均損失(円): -31,093 円  平均損失(率): -10.36 %

合計損益(円): 3,384,826 円  合計損益(率): 1,128.30 %
合計利益(円): 8,328,669 円  合計利益(率): 2,776.28 %
合計損失(円): -4,943,843 円  合計損失(率): -1,647.97 %

最大連勝回数: 29 回
最大連敗回数: 6 回
最大ドローダウン(簿価ベース): 903,842 円(2009/03/09)
最大ドローダウン(時価ベース): 942,387 円(2009/02/24)
プロフィット・ファクター(総利益÷総損失): 1.685
平均保持日数(イグジット済み銘柄のみ): 10.08 日

 

以上が、「売買手数料300円」の検証結果です。

では、次に「売買手数料3000円」の検証結果を見てみましょう。

 

【検証結果.2】売買手数料3000円

3000

勝率: 65.49 %
勝ち数: 315 回
負け数: 166 回
引き分け数: 0 回

平均損益(円): 3,940 円  平均損益(率): 1.31 %
平均利益(円): 22,173 円  平均利益(率): 7.39 %
平均損失(円): -30,659 円  平均損失(率): -10.22 %

合計損益(円): 1,895,049 円  合計損益(率): 631.71 %
合計利益(円): 6,984,425 円  合計利益(率): 2,328.19 %
合計損失(円): -5,089,376 円  合計損失(率): -1,696.48 %

最大連勝回数: 26 回
最大連敗回数: 6 回
最大ドローダウン(簿価ベース): 1,045,874 円(2009/03/09)
最大ドローダウン(時価ベース): 1,041,441 円(2009/02/24)
プロフィット・ファクター(総利益÷総損失): 1.372
平均保持日数(イグジット済み銘柄のみ): 10.04 日

 

以上が、「売買手数料3000円」の検証結果です。

 

2つの検証結果を確認すると、

「売買手数料300円」の合計損益は、3,384,826 円、
「売買手数料3000円」の合計損益は、1,895,049 円です。

その差は、約150万円です。

 

今回の検証では、取引回数は約500回程度です。

つまり、あなたが500回程度トレードを行うと、
手数料でこれくらいの差が出るということです。

 

いかがでしょうか?

この金額を高いとみるか、安いとみるかは、
人によって異なることでしょう。

しかし、大半の方が、「高い」と感じるのではないでしょうか。

 

「高い」と感じた方については、
ぜひ、「ネット証券」で取引すべきでしょう。

売買手数料の差も、1回のトレードではそれほど感じませんが、
何十回、何百回とトレードすると大きな差になっていきます。

まさに、「ちりも積もれば山となる」です。

もし、売買手数料についてこれまで深く考えていなかった方は、
一度「売買手数料」について調べてみてはいかがでしょうか。

 

■追伸

この記事については、決して
「大手証券会社」を批判しているわけではありません。

 

「大手証券会社」では、口座開設すると、担当者がついてくれます。

担当者が情報提供や株のセールスをしてくれる分、
「売買手数料」が高くなっています。

担当者は、優良な情報提供をしてくれて儲けが出るならば、
ある程度高い売買手数料を払っても問題ないでしょう。

 

つまり、「ネット証券」と「大手証券会社」の手数料の差は、
「情報提供の有無」で付加価値がついているかついていないかということです。

これについては、担当者次第の部分が大きいことから、
紋切り型に「こうだ!!」と断言できません。

売買手数料の差と、情報提供の価値を総合的に判断して、
どちらを使用するか、決められてはいかがでしょうか。

 

いつも記事をご覧下さいまして、ありがとうございます


この記事の検証には、
日本株検証ソフト 「システムトレードの達人」を使用しています。

【期間限定】で、「システムトレードの達人」のフリー版を無料プレゼントしています。 もしよかったら、上記より利用してみてくださいね。

関連記事

l_013

サラリーマン必見!!サラリーマンが買ってはいけない銘柄とは?

こんにちは、 今回は、「サラリーマンが買ってはいけない銘柄は?」 について、ラジオ音声で取り

記事を読む

009

5月東証1部の傾向は?【株シストレ研究所】

日経225と同様に軟調に推移・・・   今回は、「5月の株式市場の傾向(東証1部編

記事を読む

l_075

ボリュームレシオとは?【株シストレ研究所】

こんにちは!! 今回は、テクニカル指標「ボリュームレシオ」について システムトレード的な観点

記事を読む

l_039

【株シストレ研究所】日本株市場は寄り付き天井、引け安値!?

投資家の大半は、寄り付きに銘柄を買いつけ   今回は、「寄り付き天井、引け安値」に

記事を読む

s_024

サイコロジカルラインとは?【株シストレ研究所】

こんにちは、今回は「サイコロジカルライン」についてご紹介していきます。 「サイコロジカルライン

記事を読む

l_012

【株シストレ研究所】5月に上昇しやすい日経225銘柄は?

5月は日経平均採用銘柄は下がりやすい傾向   こんにちは、 今回は、「5月に

記事を読む

busi_030

日経平均株価が7連騰!!どこまで連騰は続くのか?

そろそろ利益確定売りに一旦押される可能性が高い   こんにちは、 今回は、「

記事を読む

l_011

11月新興市場は上がる?下がる?

11月は新興市場銘柄のトレードはとても危険!!   今回は、11月新興市場の株価の

記事を読む

l_016

4月新興市場は上がる?下がる?【株シストレ研究所】

4月新興市場は強烈に上昇しやすい傾向   こんにちは、 今回は、「4月新興市

記事を読む

busi_015

日経平均株価の終値が25日移動平均線との乖離率10%越え!!来週の株価は?

11月17日の週は一旦調整か?   こんにちは、 本日は、 「日経平均

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

s_020
9月東証1部の傾向は?【株シストレ研究所】

9月は強烈に下がりやすい傾向!   今回は、「9

heap of coins close up
ゴールデンウィーク直前は、新興市場銘柄が買い!?【株シストレ研究所】

ゴールデンウィーク明けに、リバウンド期待!!   こ

009
5月東証1部の傾向は?【株シストレ研究所】

日経225と同様に軟調に推移・・・   今回は、「5

l_016
4月新興市場は上がる?下がる?【株シストレ研究所】

4月新興市場は強烈に上昇しやすい傾向   こんにちは

l_012
【株シストレ研究所】5月に上昇しやすい日経225銘柄は?

5月は日経平均採用銘柄は下がりやすい傾向   こんに

→もっと見る

PAGE TOP ↑