*

【株シストレ研究所】大手証券会社VSネット証券 どちらが良い?

公開日: : 最終更新日:2014/09/17 システムトレード, 投資に役立つ雑談 , , ,

こんにちは、

今回は、「売買手数料が運用成績に大きな差を生む」
についてご紹介したいと思います。

 

売買手数料にはついては、
いろいろなサイトで安い証券会社が紹介されています。

よって、私がお伝えするまでもなく、
理解されている方もいるかもしれません。

雑誌やいろいろなサイトでも、
「ネット証券の手数料は安い!!」という言葉を目にします。

 

ただ、「安い!!」と言われても、長年使っている証券会社から、
新たに別の証券会社に申し込みをするのは、少し面倒ですよね。

では、大手証券会社とネット証券でそれぞれ注文を出し続けた場合、
どれほど成績が変わるのかについて検証してみましょう!!

 

その金額の差がある程度許容できる範囲内ならば、
別に大手証券会社でもかまわないですよね。

一方で、その差が明確に異なるならば、
ネット証券に変えるべきでしょう。

 

では、さっそく検証してみましょう。検証内容は以下の通りです。

===========================================
運用資金:150万円
検証対象:日経225採用銘柄(225銘柄)
検証期間:2000/01/01~2014/08/31
1銘柄当たりの投資金額:30万円

【買い条件】
・終値と5日移動平均線との乖離率が-10%以上離れる(条件式①)

上記条件を満たした銘柄が翌日に、成行買い

【売り条件】
・含み益が5%以上 もしくは、
・買い付けしてから15日以上経過

上記2つの条件のどちらかを満たした場合に、翌日成行売り

===========================================

上記が、検証内容です。

 

運用資金150万円で運用し、1銘柄に30万円投資した場合の検証をしていきます。

ルールの内容については、今回の趣旨と外れるので割愛しますが、
この条件で運用した時に、売買手数料によって、
成績がどのように変化するか確認しましょう。

 

なお、売買手数料の額については、

大手証券会社の売買手数料(往復)を「3000円」、
ネット証券の売買手数料(往復)を「300円」とします。

この金額については、おおよその目安です。

 

では、さっそく検証してみましょう。

まずはじめは、「売買手数料300円」の検証です。

検証結果は、以下の通りです。

 

【検証結果.1】売買手数料300円

300

勝率: 67.94 %
勝ち数: 337 回
負け数: 159 回
引き分け数: 3 回

平均損益(円): 6,783 円  平均損益(率): 2.26 %
平均利益(円): 24,714 円  平均利益(率): 8.24 %
平均損失(円): -31,093 円  平均損失(率): -10.36 %

合計損益(円): 3,384,826 円  合計損益(率): 1,128.30 %
合計利益(円): 8,328,669 円  合計利益(率): 2,776.28 %
合計損失(円): -4,943,843 円  合計損失(率): -1,647.97 %

最大連勝回数: 29 回
最大連敗回数: 6 回
最大ドローダウン(簿価ベース): 903,842 円(2009/03/09)
最大ドローダウン(時価ベース): 942,387 円(2009/02/24)
プロフィット・ファクター(総利益÷総損失): 1.685
平均保持日数(イグジット済み銘柄のみ): 10.08 日

 

以上が、「売買手数料300円」の検証結果です。

では、次に「売買手数料3000円」の検証結果を見てみましょう。

 

【検証結果.2】売買手数料3000円

3000

勝率: 65.49 %
勝ち数: 315 回
負け数: 166 回
引き分け数: 0 回

平均損益(円): 3,940 円  平均損益(率): 1.31 %
平均利益(円): 22,173 円  平均利益(率): 7.39 %
平均損失(円): -30,659 円  平均損失(率): -10.22 %

合計損益(円): 1,895,049 円  合計損益(率): 631.71 %
合計利益(円): 6,984,425 円  合計利益(率): 2,328.19 %
合計損失(円): -5,089,376 円  合計損失(率): -1,696.48 %

最大連勝回数: 26 回
最大連敗回数: 6 回
最大ドローダウン(簿価ベース): 1,045,874 円(2009/03/09)
最大ドローダウン(時価ベース): 1,041,441 円(2009/02/24)
プロフィット・ファクター(総利益÷総損失): 1.372
平均保持日数(イグジット済み銘柄のみ): 10.04 日

 

以上が、「売買手数料3000円」の検証結果です。

 

2つの検証結果を確認すると、

「売買手数料300円」の合計損益は、3,384,826 円、
「売買手数料3000円」の合計損益は、1,895,049 円です。

その差は、約150万円です。

 

今回の検証では、取引回数は約500回程度です。

つまり、あなたが500回程度トレードを行うと、
手数料でこれくらいの差が出るということです。

 

いかがでしょうか?

この金額を高いとみるか、安いとみるかは、
人によって異なることでしょう。

しかし、大半の方が、「高い」と感じるのではないでしょうか。

 

「高い」と感じた方については、
ぜひ、「ネット証券」で取引すべきでしょう。

売買手数料の差も、1回のトレードではそれほど感じませんが、
何十回、何百回とトレードすると大きな差になっていきます。

まさに、「ちりも積もれば山となる」です。

もし、売買手数料についてこれまで深く考えていなかった方は、
一度「売買手数料」について調べてみてはいかがでしょうか。

 

■追伸

この記事については、決して
「大手証券会社」を批判しているわけではありません。

 

「大手証券会社」では、口座開設すると、担当者がついてくれます。

担当者が情報提供や株のセールスをしてくれる分、
「売買手数料」が高くなっています。

担当者は、優良な情報提供をしてくれて儲けが出るならば、
ある程度高い売買手数料を払っても問題ないでしょう。

 

つまり、「ネット証券」と「大手証券会社」の手数料の差は、
「情報提供の有無」で付加価値がついているかついていないかということです。

これについては、担当者次第の部分が大きいことから、
紋切り型に「こうだ!!」と断言できません。

売買手数料の差と、情報提供の価値を総合的に判断して、
どちらを使用するか、決められてはいかがでしょうか。

 

いつも記事をご覧下さいまして、ありがとうございます


この記事の検証には、
日本株検証ソフト 「システムトレードの達人」を使用しています。

【期間限定】で、「システムトレードの達人」のフリー版を無料プレゼントしています。 もしよかったら、上記より利用してみてくださいね。

関連記事

114

【株シストレ研究所】11月東証1部は上がる?下がる?

11月の東証1部は下がりやすい傾向(シストレ検証)   今回は、「11月の株式市場

記事を読む

084

8月東証1部は上がる?下がる?【株シストレ研究所】

8月東証1部は下がりやすい傾向(月アノマリー)   今回は、「8月の株式市場の傾向

記事を読む

busi_018

8月上がりやすい日経225銘柄は?【株シストレ研究所】

8月日経平均225銘柄は下がりやすい!!(月アノマリー)   今回は、8月に株価が

記事を読む

l_041

株の購入は中旬が圧倒的に有利!?【株シストレ研究所】

こんにちは、 今回はシステムトレードの観点から、 投資に役立つアノマリーをご紹介したいと思い

記事を読む

heap of coins close up

ゴールデンウィーク直前は、新興市場銘柄が買い!?【株シストレ研究所】

ゴールデンウィーク明けに、リバウンド期待!!   こんにちは、 今回は、「ゴ

記事を読む

aaaaaaaaa

【株シストレ研究所】株初心者が陥りやすい失敗とは?

■株初心者ほど購入価格で投資判断を下しやすい 今回は、「株式投資初心者が陥りやすい失敗」について取

記事を読む

084

3月東証1部の傾向は?【株シストレ研究所】

1年の中でも特に強い上昇傾向!!   こんにちは、 今回は「3月の株式市

記事を読む

busi_018

【株シストレ研究所】損をしてしまったときは?

こんにちは、 今回はいつものシステムトレードの話とは 異なるお話をしたいと思います。

記事を読む

009

【株シストレ研究所】NYダウが上がったら、日本株は買い?

NYダウを使ったシステムトレード戦略の構築   今回は、「NYダウが上がったら、日

記事を読む

l_012

ウィリアムズ%Rとは?【株シストレ研究所】

こんにちは、 今回は「ウィリアムズ%R」の有効性について、 システムトレード的な観点から調べ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

s_020
9月東証1部の傾向は?【株シストレ研究所】

9月は強烈に下がりやすい傾向!   今回は、「9

heap of coins close up
ゴールデンウィーク直前は、新興市場銘柄が買い!?【株シストレ研究所】

ゴールデンウィーク明けに、リバウンド期待!!   こ

009
5月東証1部の傾向は?【株シストレ研究所】

日経225と同様に軟調に推移・・・   今回は、「5

l_016
4月新興市場は上がる?下がる?【株シストレ研究所】

4月新興市場は強烈に上昇しやすい傾向   こんにちは

l_012
【株シストレ研究所】5月に上昇しやすい日経225銘柄は?

5月は日経平均採用銘柄は下がりやすい傾向   こんに

→もっと見る

PAGE TOP ↑