*

【株シストレ研究所】損をしてしまったときは?

公開日: : 最終更新日:2014/09/17 システムトレード, 投資マインド , , ,

こんにちは、

今回はいつものシステムトレードの話とは
異なるお話をしたいと思います。

 

その内容とは、

「損をしてしまったときはどのように対処すればいいか?」です。

なぜ、これを取り上げるかというと、
何件かお問い合わせを頂いたからです。

また、株式投資の世界から退場となる一番の原因は、
「損をしたときの対処」が悪いことだからです。

システムトレードの話からは、大分ずれる話ですが、
今回はあえて紹介いたします。

 

株式投資で損をしてしまったときの対処方法には、
以下の3つの方法が考えられます。

——————————–
■対処法

(1)損切り

(2)ナンピン買い

(3)継続保有
——————————–

「損切り」とは、損が出ていても株を売却する行為です。

「ナンピン買い」とは保有している株が損をしている時に、
さらにその株の買い増しをすることです。

「継続保有」は言葉どおり、
そのまま何もせずに保有し続けることです。

 

この中で、私が絶対にしてはいけない
と思っているのは、「(3)継続保有」です。

「(3)継続保有」は、

損を確定させることを恐れて塩漬け(損が広がり売るに売れない状態)
してしまう危険性を多分にはらんでいます。

 

というか、「継続保有=塩漬け」のパターンが多いのです。

これは、絶対にやめたほうがよい対処法です。

 

「塩漬け」をしている時点で、
その銘柄は下落トレンドに突入している可能性が高いです。

下落トレンドに入った銘柄は、
その後は軟調に推移する可能性が高く、損が拡大するだけです。

自分が買った水準まで、株価が戻るには何年もかかる、
もしくは、戻らない可能性もあります。

あなたは、下落トレンドが続いている銘柄を、
買いたいと思いますか?

 

そういった銘柄を、継続保有し続けることは、
とてもリスクが高いと言えるでしょう。

 

 

次に、投資初心者の方にオススメしたくないのは、
「ナンピン買い」です。

 

「ナンピン買い」は取得した株価の平均単価を下げることからできることから、
使い方次第では、有効な対象法です。

ただし、「ナンピン買い」を「自分の損失幅を縮めたい」という
考えでは、絶対にやってはいけないです。

 

株価は、「自分の買値」には関係なく動きます。

ですので、「自分の損失幅を縮めたい」等の考えで、
ナンピン買いを行ってはいけません。

「ナンピン買い」は、使い方によっては有効だが、

使い方を間違うと、「継続保有」以上に損を拡大させてしまいます。

よって、「ナンピン買い」は、
上級者向けの対処法と言えます。

 

 

この3つのうち、私がオススメする対処法は、
断然、「(1)損切り」です。

「(1)損切り」を行うことで、
損失幅を確定し、それ以上損を被ることはなくなります。

また、損切りしたことで、現金を確保できるために、
新たに魅力的な銘柄が出た場合には、それに資金を回すことができます。

あなたは、下落トレンドで株価がダラダラ下がっている銘柄と、
きれいな上昇トレンドを形成している銘柄のどちらが魅力的ですか?

同じ資金を置いておくならば、
断然、きれいな上昇トレンドを形成している銘柄のほうがよいですよね。

 

このような理由から、私は損をしたときの対処法は、
「(1)損切り」をオススメしています。

実は、利益を上げている投資家ほど、「損切り」はとても上手いです。

上手いとは、絶好のタイミングで手仕舞いできているわけではなく、
自分の中で、確固たる損切りラインを決めているということです。

自分が決めた損切りラインでしっかり損切りし、
その後新たな投資チャンスの発掘に取り掛かります。

株式投資の世界から退場しないために、
「損切り」を選択されてはいかがかと思います。

 

いつも記事をご覧下さいまして、ありがとうございます


この記事の検証には、
日本株検証ソフト 「システムトレードの達人」を使用しています。

【期間限定】で、「システムトレードの達人」のフリー版を無料プレゼントしています。 もしよかったら、上記より利用してみてくださいね。

関連記事

084

8月東証1部は上がる?下がる?【株シストレ研究所】

8月東証1部は下がりやすい傾向(月アノマリー)   今回は、「8月の株式市場の傾向

記事を読む

s_024

【株シストレ研究所】10月東証1部は上がる?下がる?

今回は、「10月の株式市場の傾向(東証1部編)」をご紹介します。   株式市場

記事を読む

l_049

テクニカル分析とファンダメンタル分析の違いとは?【株シストレ研究所】

こんにちは、 今回は、システムトレードからは若干ズレますが、 「テクニカル分析とファンダ

記事を読む

l_039

【株シストレ研究所】日本株市場は寄り付き天井、引け安値!?

投資家の大半は、寄り付きに銘柄を買いつけ   今回は、「寄り付き天井、引け安値」に

記事を読む

l_013

9月東証1部は上がる?下がる?【株シストレ研究所】

今回は、「9月の株式市場の傾向(東証1部編)」をご紹介します。 株式市場は、月によって上がりや

記事を読む

062

押し目買い戦略とは?【株シストレ研究所】

こんにちは!! 本日は、「押し目買い戦略」について、取り上げて行きたいと思います。 株式

記事を読む

009

【株シストレ研究所】NYダウが上がったら、日本株は買い?

NYダウを使ったシステムトレード戦略の構築   今回は、「NYダウが上がったら、日

記事を読む

s_020

9月東証1部の傾向は?【株シストレ研究所】

9月は強烈に下がりやすい傾向!   今回は、「9月の株式市場の傾向(東証1部編

記事を読む

114

【株シストレ研究所】3月に上昇しやすい日経225銘柄は?

2月から一転、3月は強い上昇傾向   こんにちは、 今回は「3月に株価が

記事を読む

aaaaaaaaa

【株シストレ研究所】株初心者が陥りやすい失敗とは?

■株初心者ほど購入価格で投資判断を下しやすい 今回は、「株式投資初心者が陥りやすい失敗」について取

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

s_020
9月東証1部の傾向は?【株シストレ研究所】

9月は強烈に下がりやすい傾向!   今回は、「9

heap of coins close up
ゴールデンウィーク直前は、新興市場銘柄が買い!?【株シストレ研究所】

ゴールデンウィーク明けに、リバウンド期待!!   こ

009
5月東証1部の傾向は?【株シストレ研究所】

日経225と同様に軟調に推移・・・   今回は、「5

l_016
4月新興市場は上がる?下がる?【株シストレ研究所】

4月新興市場は強烈に上昇しやすい傾向   こんにちは

l_012
【株シストレ研究所】5月に上昇しやすい日経225銘柄は?

5月は日経平均採用銘柄は下がりやすい傾向   こんに

→もっと見る

PAGE TOP ↑