Pocket




こんにちは、

今回はシステムトレードの観点から、
9月新興市場の株価の傾向について調べてみました。


株式市場は、月によって上がりやすい月と下がりやすい月があります。

この傾向は毎月必ずそうなるとは言えませんが、
株式投資を行う上で、その傾向を把握しておくことは重要でしょう。

前回は、「9月の東証1部の傾向」について検証しました。
実は、同じ月でも市場によって、傾向が異なることがあります。

そこで、「9月の新興市場は上がるか?下がるか?」について検証していきます。

一般的に、9月は「彼岸底」と呼ばれ、下がりやすい傾向があります。

はたして、この一般論が本当に正しいかについて検証してみましょう!!

この記事を書いた人

田村 祐一
田村 祐一

フェアトレード株式会社所属。調査本部アナリスト。統計データを重視したシステムトレードとファンダメンタルを組み合わせて銘柄分析を行う。株主優待先回り買い等の「イベント投資」にも注力。



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
検証対象:新興市場銘柄(ジャスダック・マザーズ)
検証期間:1990年3月~2014年7月25日
1銘柄当たりの投資金額:20万円

買い条件
・8月末の最終営業日の寄り付きで買い

売り条件
・25日経過後の翌日営業日寄り付きで売り

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

9月相場の傾向を調べるために、8月末に新興市場全銘柄を購入し、
25日経過後に売却した場合について検証を行いました。

仮に、勝率が50%以上で、損益がプラスならば、
9月は株価が上がりやすい月と言えます。

逆に、勝率が50%以下で、損益もマイナスであるならば、
9月は株価が下落しやすい月と言えるでしょう。

以上のルールで過去のデータを用いて検証した結果は、以下の通りです。

■9月株式市場(新興市場)の傾向の検証結果

9月新興市場

勝率: 34.87 %
勝ち数: 5,838 回
負け数: 10,905 回
引き分け数: 583 回

平均損益(円): -5,906 円  平均損益(率): -2.95 %
平均利益(円): 20,371 円  平均利益(率): 10.19 %
平均損失(円): -20,288 円  平均損失(率): -10.14 %

合計損益(円): -102,318,900 円  合計損益(率): -51,160.64 %
合計利益(円): 118,926,950 円  合計利益(率): 59,464.84 %
合計損失(円): -221,245,850 円  合計損失(率): -110,625.48 %

プロフィット・ファクター(総利益÷総損失): 0.538
平均保持日数: 28.20 日

以上が 、9月相場(新興市場)の検証結果です。

検証結果を確認すると、勝率は34.87%、平均損益は-2.95%です。

勝率は35%以下ととても低く、平均損益もとても大きなマイナスです。

東証1部の傾向[勝率:38.57%、平均損益:-2.02%]と比較しても、
断然悪い検証結果となっています。

新興市場は、個人投資家の売買が活発な市場です。

よって、9月は、私たち個人投資家が
損失を被りやすい傾向があると言えるでしょう。

もし、新興市場の銘柄を9月にトレードする場合には、
銘柄の選定は慎重に行ったほうが良さそうですね。

■追伸

日本株市場は、夏から秋にかけては、下がりやすい傾向があります。

つまり、買いから入るトレードスタンスでは、
なかなか利益を上げにくい傾向があるということです。

よって、買いから入るトレードを行う場合には、
十分に注意してトレードする必要があります。

「十分に注意」といっても具体性がありませんので、
よりつっこんでお話します。

裁量トレードをされている方であれば、

・投資対象をチャートの形状が右肩上がりの銘柄に絞る
・決算発表で好決算を出しそうな銘柄の先回り買い

等が有効だと言えそうです。

もしくは、「イベント投資」なども良いかもしれませんね。

システムトレードを行っている方であれば、

言うまでもないですが、ご自身の作成した売買ルールの
シグナルどおり淡々と売買するのが良いでしょう。

正直、「シグナルどおり売買する」以外にすることはないです。

楽といえば楽ですが、暇といえば暇ですね。

<追伸>
コロナショックで相場が大きく動いている最中ですので、今の株価動向が気になる方も多いかと思います。
下記リンクのメルマガを中心に情報を更新していく予定です。
無料ですのでぜひご登録いただけるとありがたいです

西村剛の投資戦略メルマガ【無料】