連続ストップ高銘柄のトレードは破滅への道

今回は、「連続ストップ高銘柄の後追い」についてシステムトレードの観点から検証していきます。

株式市場を見ていると、ストップ高が何日も継続している銘柄をよく見かけます。ストップ高が連続していることから、とても魅力的に感じます。

「もし、この銘柄をストップ高する前に買い付けしていたら…」なんて考えも浮かんできます。

しかし、ストップ高する前に、その銘柄を見つけるのは難しいです。

そこで、多くの人が考えるのが、「ストップ高している銘柄の後追いしたらいいのでは?」というアイディアです。

果たして、このストップ高銘柄の後追いは、有効な投資戦略なのでしょうか。さっそく検証していきます。

執筆者

西村剛
西村剛

フェアトレード株式会社 代表取締役。機関投資家出身で統計データを重視したシステムトレードに注力。2011年株-1グランドチャンピオン大会で+200.4%、2012年+160.1%、2013年157.0%を叩き出し三連覇達成。証券アナリスト検定会員。システムトレードを使った定量分析と、これまでファンドマネジャーとして培ったファンダメンタルズ分析を融合した新しい視点で株式市場を分析し、初心者でもわかりやすい言葉を使った解説に定評がある。


1.ストップ高銘柄の後追いの有効性

ⅰ.ルール詳細(ストップ高銘柄後追いの有効性)

検証条件は、以下の通りです。
===========================================
検証対象:全銘柄
検証期間:2000/01/01~2020/05/31
1銘柄当たりの投資金額:20万円
【買い条件】
・3日連続ストップ高をした銘柄を、翌日に成行買い
(注文を出した日が終日ストップ高の場合には、買い付けできなかったと判定)
【売り条件】
・買い付けした翌日寄り付きに、成行売り
(注文を出した日が終日ストップ安の場合には、翌日に持ち越し)
===========================================

上記が、今回の検証条件です。

単純に、3日連続ストップ高をした銘柄を、翌日の寄り付きに成行買いします。そして、買い付けした日の大引けに手仕舞いします。

なお、注文を出した日が終日ストップ高の場合には、買い付けしたとみなしません。

では、上記条件で検証した場合に、どのような検証結果になるでしょうか。

ⅱ.検証結果(ストップ高銘柄後追いの有効性)

【検証結果】3日連続ストップ高

 勝率: 36.15 %
 勝ち数: 893 回
 負け数: 1,577 回
 引き分け数: 57 回

 合計損益(率): -9,002.84 %  平均損益(率): -3.56 %
 合計利益(率): 12,759.88 %  平均利益(率): 14.29 %
 合計損失(率): -21,762.72 %  平均損失(率): -13.80 % 

 プロフィット・ファクター(合計利益÷合計損失): 0.586
 平均保持日数: 1.58 日

以上が、検証結果です。

2.まとめ ストップ高銘柄の後追いは有効か?

詳しく説明するまでも無く右肩下がりです。平均損益は-3.56%と非常に悪い成績です。連続ストップ高した銘柄は買わないほうがいいと言えるでしょう。

ストップ高が連続している銘柄は、「明日も株価が上がりそうだ」と思ってしまいます。

しかし、実際には、株価が上がるどころか、大きな損失を抱える危険性が高いのです。

もしかすると、この記事をご覧頂いている方の中には、この手法で、大きな利益を上げた経験がある人がいるかもしれません。

おそらく、それは「たまたま」である可能性が高いです。たった、一度の成功体験によってこの投資法を継続すると、いつか痛い思いをする可能性が高いです。

連続ストップ高銘柄は、一見魅力的ではありますが、この銘柄に投資するくらいなら、他にたくさんの優良な銘柄が転がっています。

あまり深追いしないほうが良いと言えるでしょう。

<追伸>
コロナショックで相場が大きく動いている最中ですので、今の株価動向が気になる方も多いかと思います。
下記リンクのメルマガを中心に情報を更新していく予定です。
無料ですのでぜひご登録いただけるとありがたいです

西村剛の投資戦略メルマガ【無料】