Pocket




■システムトレードをはじめるにはいくら必要?

 

今回は、「システムトレードの実践に必要な資金量」について取り上げます。

 

システムトレードという投資手法が、世間に徐々に認識されつつあります。

認知度の高まりとともに、「システムトレードをはじめたい!!」と
思われる方が増えてきています。

 

最近、「システムトレードをはじめるには、いくらあればいいの?」
という質問を良く受けます。

 

厳密な答えはありませんが、
「最低50万円、理想は100万円以上」と答えています。

 

この数字については、理由があります。

それは、「銘柄分散」の観点から、
最低50万円は必要と考えているからです。

 

投資においては、運用資金を分散投資したほうが良いと言われています。

特に、システムトレードの世界では、資金量にもよりますが、
運用資金を5~10銘柄に分散すると良いと言われています。

 

では、なぜ分散したほうが良いのでしょうか。

この分散投資の効果を把握するために、具体例を挙げます。

 

運用資金100万円を持っていたとしましょう。

これを10銘柄に分散投資すると、
1銘柄に投資する資金量は「10万円」です。

仮に、買い付けしたある1銘柄が50%の損失を被った場合には、
「5万円」の損失が発生します。

しかし、運用資金全体でみると、この5万円の損失は
たった5%の損失を被ったに過ぎないのです。

 

一方で、運用資金100万円を1銘柄に集中投資したらいかがでしょうか。

仮に50%の損失を被ってしまうと、損失は50万円です。
運用資金全体でも、「50%」の損失となります。

 

いかがでしょうか。上記は、極端な例ですが、
分散投資の効果がご理解いただけたのではないでしょうか。

つまり、投資の世界で退場しないためには、
いかに分散投資をするかが重要ということです。

 

単位枚数の買い付けを考慮すると、1銘柄購入するための資金として、
約5万円~10万円程度が必要になるでしょう。

これを5銘柄から10銘柄に分散投資することを考えると、
最低でも「50万円」程度は必要と考えられます。

あなたが、これからシステムトレードを始めようと考えている場合には、
運用資金を「50万円」用意して始めると良いでしょう。

<追伸>
コロナショックで相場が大きく動いている最中ですので、今の株価動向が気になる方も多いかと思います。
下記リンクのメルマガを中心に情報を更新していく予定です。
無料ですのでぜひご登録いただけるとありがたいです

西村剛の投資戦略メルマガ【無料】