Pocket




今回は、「ストップ安銘柄の逆張り買いの有効性」について、
システムトレード的な観点から検証していきたいと思います。

銘柄探しをしていると、「ストップ安」で株価が急落しているしている銘柄を見かけます。

ストップ安をしているだけあって、成行売りが大きく出ています。

ストップ安をしている銘柄は、「下方修正の発表」や「業績への不透明感」が出ている銘柄が多く、あえて買いに行こうとは感じにくいですよね。

「ストップ安した銘柄を買い付けすると儲かるよ」と言われても、
買い付けするのは躊躇するときがあります。

しかし、ストップ安した銘柄を買い付けする戦略で利益が出るならば、取り入れるべきではないでしょうか?

まさに「人の行く裏に道あり花の山」ですね。

そこで、今回は、「ストップ安した銘柄の逆張り買い戦略は有効か」
を検証していきたいと思います。

では、さっそく検証条件を確認していきましょう。

この記事を書いた人

田村 祐一
田村 祐一

フェアトレード株式会社所属。調査本部アナリスト。統計データを重視したシステムトレードとファンダメンタルを組み合わせて銘柄分析を行う。株主優待先回り買い等の「イベント投資」にも注力。



検証条件は、以下の通りです。
===========================================
検証対象:全銘柄
検証期間:1990/03/01~2014/07/31
1銘柄当たりの投資金額:20万円

【買い条件】
・ストップ安をした銘柄を、翌日に成行買い

【売り条件】
・含み益が10%以上 もしくは、
・含み損が10%以上

上記2つの条件のどちらかをみたしたら、その当日の大引けに成行売り(手仕舞い)
===========================================

上記が、今回の検証条件です。

単純に、ストップ安をした銘柄を、翌日の寄り付きに成行買いします。

そして、含み益が10%出るか、含み損が10%以上となったら、その日の大引けに手仕舞いします。

仮に、勝率が高く、1トレードあたりの平均損益がプラスならば、
「ストップ高した銘柄を買い付けする戦略」は統計的に有効な戦略と言えるでしょう。

では、上記条件で検証した場合に、どのような検証結果になるでしょうか。

【検証結果】ストップ安

ストップ安

勝率: 52.80 %
勝ち数: 6,683 回
負け数: 5,974 回
引き分け数: 4 回

平均損益(円): 1,614 円  平均損益(率): 0.81 %
平均利益(円): 29,848 円  平均利益(率): 14.92 %
平均損失(円): -29,969 円  平均損失(率): -14.98 %

合計損益(円): 20,440,760 円  合計損益(率): 10,220.52 %
合計利益(円): 199,472,825 円  合計利益(率): 99,737.93 %
合計損失(円): -179,032,065 円  合計損失(率): -89,517.41 %

プロフィット・ファクター(総利益÷総損失): 1.114
平均保持日数: 11.37 日

以上が検証結果です。

検証結果を見てみると、勝率は52.8%、平均損益は0.81%です。

勝率は5割を超え、平均損益もプラスとなっていることから、
統計的には有効な戦略と言えます。

一見ストップ安となった銘柄を買うというのは、損しか生まないように感じますが、結果を見ると利益が出るのですね。

システムトレード的な観点から見ると、
「ストップ安した銘柄の逆張り買い」は有効と言えるでしょう。

なお、「ストップ高銘柄の有効性」についても検証していますので、
もしよければ。こちらもご覧くださいね。

■追伸

正直、いくら有効だと分かってもなかなか買いにはいけないですよね。

ただ、少なくとも「ストップ高」した銘柄を買うよりは、
リスクが少ないということです。

これは、驚きではないでしょうか?

このように、一見危険と思われていることでも、
思ったほどリスクが高くないことがあります。

その逆に、魅力的に感じる投資法が、
とてもリスクが高いこともしばしばです。

やはり、どのような投資法でも、
それが本当に有効なのかは検証する必要がありますね。

<追伸>
コロナショックで相場が大きく動いている最中ですので、今の株価動向が気になる方も多いかと思います。
下記リンクのメルマガを中心に情報を更新していく予定です。
無料ですのでぜひご登録いただけるとありがたいです

西村剛の投資戦略メルマガ【無料】