*

ボリンジャーバンドとは?【株シストレ研究所】

テクニカル指標「ボリンジャーバンド」の有効性は?

 

こんばんは!!

今回は、あなたにもなじみ深いテクニカル指標
「ボリンジャーバンド」の統計的な有効性の検証をしていきたいと思います。

ボリンジャーバンドの計算式はとても難しいので、今回は記載しません。

重要なのは計算式ではなく、その計算から算出された結果ですからね^^

ボリンジャーバンドをイメージするために、
以下のチャートをご覧ください。

 

ボリバンチャート

 

上記は、「日経平均株価」のチャートです。

 

ボリンジャーバンドは移動平均線を中心線として、

移動平均線の上側には+σ、+2σ、+3σ、
下側には-σ、-2σ、-3σの線を引かれます。
統計学的に各σ線の間で株価が動く確率が、

±1σでは、「約68.3%」
±2σでは、「約95.5%」
±3σでは、「約99.7%」

内に収束すると言われています。

つまり、σの数字が大きくなるほど、
ローソク足がめったにタッチしないということです。

例えば、「-2σ」ならば、「売られすぎ」、
「+3σ」ならば、「買われすぎ」と判断できるでしょう。

 

この使用方法については、あなたもご存知かもしれません。

そこで、この使用法でトレードした場合に、
利益を上げることができたのかを検証してみましょう。

では、まずはじめに検証条件を確認していきましょう。
検証条件は、以下の通りです。

==========================================================
検証対象:全銘柄
検証期間:2000/01/01~2014/05/31
1銘柄当たりの投資金額:20万円

【買い条件】
・ボリンジャーバンド(25日)が-2σ以下になったら、翌日成行買い
【売り条件】
・ボリンジャーバンド(25日)が0σ以上(25日移動平均)以上になったら、
翌日成行売り(手仕舞い)
==========================================================

上記が、今回の検証条件です。

仮に、勝率が高く、1トレードあたりの平均損益がプラスならば、
「ボリンジャーバンド」を使用した投資法は有効と言えるでしょう。

では、上記条件で検証した場合に、どのような検証結果になるでしょうか。

検証結果は、以下の通りです。

 

【検証結果】ボリンジャーバンド(25日)が-2σ以下で買い、0σ以上で売り
ボリ版
勝率: 65.05 %
勝ち数: 106,532 回
負け数: 57,246 回
引き分け数: 3,580 回

平均損益(円): 3,346 円  平均損益(率): 1.12 %
平均利益(円): 21,400 円  平均利益(率): 7.13 %
平均損失(円): -30,041 円  平均損失(率): -10.01 %

合計損益(円): 560,042,403 円  合計損益(率): 186,688.35 %
合計利益(円): 2,279,760,650 円  合計利益(率): 759,936.55 %
合計損失(円): -1,719,718,247 円  合計損失(率): -573,248.20 %

プロフィット・ファクター(総利益÷総損失): 1.326
平均保持日数: 30.76

 

以上が、検証結果です。

検証結果を見てみると、勝率は65.05%、平均損益は1.12%です。

勝率が6割を超え、平均損益がプラスですので、
統計的には有効な投資法と言えそうです。

運用資産の推移を見ても、「2008年から2009年」の下落相場以外は、
うまく機能し利益を上げられています。

「-2σ以下で買い、0σ以上で売り」は、
有効な投資戦略になる可能性が高いでしょう。

「RSI」や「移動平均乖離率」等のテクニカル指標と組み合わせることで、
より利益が期待できる戦略に変化します。

このボリンジャーバンドは、とても使い勝手の良いテクニカル指標ですので、
ぜひ、あなたも「ボリンジャーバンド」に注目してみるとよいでしょう。

 

いつも記事をご覧下さいまして、ありがとうございます


この記事の検証には、
日本株検証ソフト 「システムトレードの達人」を使用しています。

【期間限定】で、「システムトレードの達人」のフリー版を無料プレゼントしています。 もしよかったら、上記より利用してみてくださいね。

関連記事

Penguins

日経平均株価の上昇に出遅れるシステムトレーダー【株シストレ研究所】

システムトレーダーは急激な上昇が苦手!?   こんにちは、 今回はいつもとは

記事を読む

l_049

金曜日の株価は上がる?下がる?【株シストレ研究所】

金曜日の株価は下がりやすい傾向(曜日アノマリー)   今回は、「金曜日の株価の傾向

記事を読む

s_056

【株シストレ研究所】システムトレードのソフトはどこがいいか?

ソフトに良いも悪いもない   今回は、「システムトレードを実践するために必要な検証

記事を読む

s_020

9月東証1部の傾向は?【株シストレ研究所】

9月は強烈に下がりやすい傾向!   今回は、「9月の株式市場の傾向(東証1部編

記事を読む

l_099

4月東証1部の傾向は?【株シストレ研究所】

3月に引き続き上昇しやすい傾向   今回は、「4月の株式市場の傾向(東証1部編)」

記事を読む

l_075

【株シストレ研究所】大手証券会社VSネット証券 どちらが良い?

こんにちは、 今回は、「売買手数料が運用成績に大きな差を生む」 についてご紹介したいと思いま

記事を読む

084

8月東証1部は上がる?下がる?【株シストレ研究所】

8月東証1部は下がりやすい傾向(月アノマリー)   今回は、「8月の株式市場の傾向

記事を読む

l_013

9月東証1部は上がる?下がる?【株シストレ研究所】

今回は、「9月の株式市場の傾向(東証1部編)」をご紹介します。 株式市場は、月によって上がりや

記事を読む

s_118

曜日アノマリーを利用した空売りデイトレ戦略【株シストレ研究所】

曜日アノマリーを利用したシステムトレード戦略   今回は、「曜日アノマリー」を利用

記事を読む

l_091

12月に上昇しやすい日経225銘柄は?【株シストレ研究所】

12月は銀行株の成績が絶好調!!   こんにちは、 今回は、「12月に株価が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

s_020
9月東証1部の傾向は?【株シストレ研究所】

9月は強烈に下がりやすい傾向!   今回は、「9

heap of coins close up
ゴールデンウィーク直前は、新興市場銘柄が買い!?【株シストレ研究所】

ゴールデンウィーク明けに、リバウンド期待!!   こ

009
5月東証1部の傾向は?【株シストレ研究所】

日経225と同様に軟調に推移・・・   今回は、「5

l_016
4月新興市場は上がる?下がる?【株シストレ研究所】

4月新興市場は強烈に上昇しやすい傾向   こんにちは

l_012
【株シストレ研究所】5月に上昇しやすい日経225銘柄は?

5月は日経平均採用銘柄は下がりやすい傾向   こんに

→もっと見る

PAGE TOP ↑